メタップス(東証マザーズ、証券コード6172)はフィンテック銘柄の本命。通販サイトへの決済サービスの提供や集客アプリの収益化支援などが事業の柱です。人工知能を得意とし、「テクノロジーでお金の在り方を変える」ことを使命としています。

メタップスのカード決済サービス「SPIKE」のすごいところは初期費用、月額費用が無料でクレジットカード決済手数料が月10万円までは無料!というところ。大手から決済手数料をもらうので中小企業や個人からは無料でいい、ということです。手数料で利益を取られがちな中小企業には嬉しいサービスでしょう。

売上高の伸びもすばらしく、2017年8月期通期の売上高は180億円になるという業績見通しです。2016年8月期の2倍です。

そして将来の目標が大きい。2020年には取扱高1兆円、売上高1000億円、
営業利益100億円を目指すそうです。佐藤社長は「産業構造を変えられる」とも話しています。

ただ、赤字が続いていたので現時点では「継続前提に重要事象」がついており、買うのに勇気がいる銘柄です。私は高値掴みをしてしまい現在は含み損を抱えていますが、メタップスには期待しています。

お金に夢がない時代だからこそ、テクノロジーでお金の在り方を変えてほしい!お金のために生きたいのではないのに生きていくためにどうしてもお金のことばかり考えてしまう、そんな毎日を変えてほしいな。