スポンサーリンク


オリックスの株は成長性、割安性、企業規模の全てで高評価!

オリックス(東証1部、証券コードは8591)はあまりにも有名な会社。事業はかなりいろいろなことをやっていて、最近は太陽光、インフラ、保険の分野が伸びています。

時価総額2兆円を超すかなり大きな会社ですが、ここ数年の売上高、純利益の伸びもいいです。

あざらしはメインの証券会社としてSBI証券を使っています。SBIでは各銘柄のタブに「分析」というものがあり、そこで成長性、割安性、企業規模、テクニカル、財務健全性、市場トレンドの6項目について10段階評価をつけた図表が載っています。

オリックスは成長性、割安性、企業規模の3項目で評価が10なのです。

これはとても珍しいことです。成長性が高い企業の株は期待感から割高になることが多いです。金融関係ということでリーマンショック並の不況が来たときのリスクが大きいと考えられているのでしょうか。

忘れてしまいがちですがオリックスはフィンテック関連の銘柄でもあります。去年の2月のニュースリリースでオリックスグループの4社とCrewwという会社が提携し、フィンテックとIoT分野で協創していく、という発表がありました。それから1年経つのでそろそろ何か進んでいるといいですね。

私が特に期待したいのはオリックスレンテック株式会社。ここはロボットとIoTの事業を検討しているとのこと。ロボット、IoTの市場はこれからきっと伸びる気がする。オリックスがうまく入っていけるといいのですが。

株主優待もとても魅力!

オリックスは株主優待も魅力的です。名産品を厳選したふるさと優待というカタログギフトです。

私が去年選んだのは松浦港の海鮮丼ぶりセットです。さば、ぶり、あじの三種類、計12食分入ってます。ご飯だけ炊いて溶かしたこれを上にのせれば海鮮丼の出来上がりです。自然解凍を忘れてても袋の上から流水をあてれば2~3分で溶けます。味はしっかりついていておいしかったです。家族にも好評でした。賞味期限も半年あるので慌てて食べる必要もありません。我が家では晩ご飯の材料を買いに行くのが面倒なときにこれを食べてました。

忘れてはいけないのがオリックスの株を3年以上継続して保有していると、もらえる優待カタログの内容がグレードアップすることです。私はこれに気付かず一度売ってしまいました。次回からはもう売りません。
スポンサーリンク