スポンサーリンク



今回はちょっと番外編の節約ブログです。節約は苦手なのですが株を買うため、ちょっと頑張ってみましょう。

先日書いた神戸物産(東証1部)の展開する激安スーパー、「業務スーパー」で売っていた激安強力粉(小麦粉には薄力粉と強力粉がありますがパン作りには強力粉が向いてます。)でパンを焼いてみました。

業務スーパーについては

あえて時代の逆を行く業務スーパー!しかしそれは庶民の味方!

をご覧ください。

パンがあればもしも投資で失敗して貧乏になってもなんとか生きていける気がする。

業務スーパーで売っていた強力粉、その値段は1kgで138円。消費税込みで149円。

一方、一般的な大手スーパーで売っていた強力粉は1kgで267円。消費税込みで288円。

ほとんど半値ぐらいの感覚ですね。粉物は業務スーパーはホントに安いなぁ。

さて、この強力粉でパンはおいしく作れるのでしょうか。節約にはなるのでしょうか。

さて、パンを焼くのに必要な材料は、我が家の場合、強力粉250g、砂糖20g、塩小さじ1(5g)、ドライイースト3g、牛乳200ml、卵1個です。

ただ、牛乳と卵はなくてもできます。その場合は卵は抜いて牛乳の代わりに水を入れる。

難しいことは考えずこれらの材料をホームベーカリーにつっこんでスイッチを押せばパンはできます。

レシピは楽天レシピの

節約!簡単!ホームベーカリーで作るふわふわ食パン

の通りです。

強力粉は1kg149円のうち、250gを使うのでその1/4で38円、卵は一個30円、牛乳は1000mlが200円として200mlなら40円です。ドライイーストは3g×10袋で300円ぐらいですから3gで30円ぐらいです。砂糖1kg180円とすると4円ぐらい、塩は少ないし安いのでここでは省略します。

材料費は38+30+40+30+4=142

142円でパン1斤ができます。

牛乳と卵はなくてもできるのでその場合は72円ですね。フランスパンのようなあっさりした仕上がりになります。

一般的な大手スーパーの強力粉で作ると288円の1/4で強力粉代は72円になります。すると牛乳、卵ありで72+30+40+30+4=176円になります。牛乳、卵なしで106円。

一般的なスーパーではパン1斤150円ぐらいなので牛乳と卵を抜けば節約にはなりますね。でも入れると全然節約にはならないですね。

さて業務スーパーの激安強力粉で作ったパンの仕上がりはどうでしょう。

 

まあ、普通の仕上がりですかね。ちょっとふわふわ度が少ないけれどおかげで切りやすい。若干風味が少ない気もしますがそこは気にしないことにします。
スポンサーリンク


8枚に切ったうちの2枚を使ってサンドイッチにしてみました。142÷8×2でパン代は35円ぐらいです。これに炒り卵と冷凍ブロッコリー3房を溶かしたものを挟んでます。具の値段は50円ぐらいです。

とすると、このサンドイッチを作るのにかかるお金は85円ですね。

コンビニでサンドイッチを買うとこの倍はするでしょうね。

普通においしかったです。

このサンドイッチを多めに作ってラップをし、ジップロックに入れて冷凍庫に放り込み、平日の朝はそこから出してそのままカバンに入れて出勤すればお昼には解凍されてちょうど食べ頃になります。

これだとお弁当箱を洗う手間もいりません。

具は安いコロッケとかでもいいですね。

しかし書いていて思い出しましたが、業務スーパーには激安食パンが売られてたのでした。

1斤67円です!うん、自分でパンを焼かないで業務スーパーで食パン買った方が安いですね!

まとめ

手作りが良ければ激安強力粉でパンを焼くのもありだが、コスパだけを考えるなら業務スーパーで食パンを買った方がいい。

業務スーパーで買ったチェダーチーズサンドイッチにはさむととってもおいしかったです。
スポンサーリンク