スポンサーリンク



今年の3月の株主優待、配当権利確定日は28日でした。権利を獲得した銘柄について復習と反省をしておきたいと思います。

コモの株主優待

コモの株主優待

まず、コモ(2224)。株主優待で3000円分のコモパンがもらえます。私はどうも菓子パンが大好きなようです。世間はこんなに糖質制限ブームなのに・・。そして自分でも炭水化物の摂取しすぎには気をつけようと考えているのに・・。

権利落ち後は株価が下落するのをわかっていながら、28日に高値で買い戻しました。そんなにここのパンが好きならコモの通販で買えばいいのに、と自分でも思うんですが、なんでしょう、株主優待ってそのモノの金額以上に味わい深い気がするんですよね・・。

「自分、株主だから。」という自負が味わいを深くさせてるのかもしれません。たった100株でそんなに自負を持たれたら会社も迷惑かもしれませんがね!(しかも私は一度売り飛ばしている。)

コモのパンはパネトーネという特殊な酵母を使い長時間発酵させるという手間をかけて作られています。そのおかげで保存料無添加なのに常温で賞味期限が1ヶ月以上という奇跡の(←言い過ぎ?)パンです。

一度は売ったのに高値で買い戻すとは、自分でも驚くぐらいのコモ愛です。一度は売ったけれど、私はパンが好きなのだと気づいてしまった・・。離れてみて初めてわかる・・というやつです。(←好きすぎてちょっとおかしくなっている。)

優待が人気の食品株って、株主優待の利回りは低いのになかなか値が下がらない銘柄が多いですよね。やはり人間の本能に訴えてくる銘柄は強いんでしょうか。案の定、権利落ち後は値を下げて今は1万6000円の含み損です。1万6000円あったらどれだけコモパン買えるんだよ!というツッコミは置いといて、いいんです。優待でもらえることが自分にとって大事なんです。

正直に言えば、株主優待だけで言うとここ以上に愛せる銘柄は他にありません。(←愛をささげすぎ。)

次はさくらインターネット(3778)です。私は今回初めて権利確定しました。500円のクオカードがもらえます。ブロックチェーン関連銘柄として200株買ってましたが先日出た下方修正のおかげで6万円を越す含み損ですね。とりあえず様子見です。

スポンサーリンク


その次はサン・ライフ(4656)です。これも初めての銘柄です。金粉入りスパークリングワインなどがもらえます。私はお酒が飲めないので施設利用券3000円分をもらおうかと思います。これは職場の友人に教えてもらった銘柄です。株主総会に行くとビュッフェ形式のお食事会に参加できるみたいです。権利落ち後は値を下げて6000円ぐらい含み損ですが待ってれば値は戻るかな。

さらにその次はアトム(7412)です。株主優待であまりにも有名なコロワイドグループのアトム。昨年は優待目当てに1000株持っており、もらったポイントでお米をいただきました。でもその後、他の成長株が欲しくなり今は100株しか持っていません。それでも2000円分のポイントはもらえるのでかっぱ寿司にでも行こうかな。この銘柄は3600円ぐらいの少しの含み益です。

その次はニプロ(8086)です。一年間継続して1000株を保有していた株主には5000円分のJCBギフトカードが送られてきます。この株主優待があったので私は1000株買い込んでいましたが、優待がなかったら1000株も買っていなかったと思います。幸いなことに私の買値からは500円近く上げているので含み益もかなりありホクホクです。この株主優待制度があって良かった。

私のトータルの投資成績がプラスなのはこのニプロのおかげです。他の銘柄では結構損失を出してますが、それらの損失を全てカバーしてくれています。本当にありがたい。ニプロ様!

次にオリックス(8591)です。ふるさと優待という名のカタログギフトがもらえます。この銘柄も一度売ったものの権利確定日直前に買い戻しました。去年いただいた海鮮丼の具がおいしかった上に便利で・・・。溶かしてご飯の上にのっけるだけですからね。

最後はFJネクスト(8935)です。1500円分のカタログギフトがもらえます。昨年はカゴメのジュースをもらいました。

業績が大変良く、株価は割安ながらもスルスルと上がって私の保有銘柄の中では一番の上昇率です。ただ私は100株しか持っていないため金額的には大したことはありません。

私の買値から上げている銘柄も下げている銘柄もありますが、覚悟していたほどは権利落ち後の株価下落はありませんでした。自分の好みに合う優待制度を導入している銘柄ばかりなのでなるべく長期保有していく方針です。
スポンサーリンク