スポンサーリンク


これから株を始めようと思っている人へ

私は自分が株をやっていることを周囲の人に積極的には言わないのですが、たまに少し話したときに「儲かるの?自分もやりたい。興味ある。どこの会社の株を買えばいいの?」と言ってくれる人がいます。
自分の好きな株式投資に興味を持ってくれてとても嬉しいのですが、私は実際の友人にはあまり安易に勧めないようにしています。
それはもちろん、その人が損をしてしまう可能性があるからです。株をやっていない人の多くは、「株というものはうまくやれば楽してお金を稼げるものらしい」と思っているからです。
私は株をやる最初の動機はそれでいいと思っています。ラクしてお金をもらいたい。そういう人間の欲望は当然のことです。私も最初の動機はそうでした。でもそれだけではうまくいかず結局損して終わることが多いことに気付いたのです。

 

戦略もなく「有名な会社の株だから」という理由で株を買う人はたいてい損をする

自分がまず儲けたいと考えて株を買う人の多くは最初、「どこの会社の株を買えばいいかよくわからないけど、とりあえず株を買っておけば、運が良ければお金が手に入る」と考えています。そして経済に明るくない人の場合(私もそうでしたが)、「業績」というものの見方も最初は全くわかりません。そこで業績も見ずに「超有名な会社だから」という理由で安易に株を買ってしまいます。

しかしどんなに有名な企業でも業績が悪くなれば株価は下がります。東芝やシャープがそうです。国内の超有名企業を応援したい気持ちはわかりますが、有名だから、という理由だけで株を買うことはやめた方がいいです。

株はいい材料、例えば「新しい有望なビジネスを始める」、「(魅力的な会社と)資本提携・業務提携する」、「利益が伸びた(業績の改善)」、「配当を増やす(増配)」、「新しく株主優待を始める(株主優待の新設)」、「株主優待をさらに増やす(株主優待の改善・拡充)」、「(東証2部などから)から東証1部へ市場変更する(東証1部への昇格)」などといった、株主に好まれる材料が出れば上がることが多くなります。

しかし反対に、そういった目新しい、いい材料がない場合は特に悪いニュースがなくても売られていくことが多くなります。特に株主優待や配当がなかったり、あっても魅力的でなかったりする銘柄は自然と売られていきます。なぜかというと、投資家はもっと魅力的な銘柄にお金を移して儲けようとするからです。みな、動かせるお金には限りがありますから、株主優待や配当もない、あるいはあっても魅力的でない会社で、これから先の業績が改善しなさそうな会社の株をずっと持っていることは、有能な投資家にとっては時間とお金のムダだからです。

株は重力には逆らえない

このことはよく掲示板で「(株は)重力には逆らえない」という言い方をされていたりします。何もなければ株は売られる、そのぐらい厳しく考えておくべきなのです。

買った銘柄の会社が運よく、いい材料を出してくれればいいのですが、超有名な企業というのはたいていの場合、いい表現で言えば「成熟した」、悪い表現で言えば「成長が終わっている(成長が鈍化している)」銘柄が少なくありません。どんなに有名な企業でも今後の伸びが期待できない企業というのは多くあるのです。

バブルがはじける前の、昔はそうではありませんでした。大企業であればたいていは業績も伸び、株価も伸びていきました。でもそれは、日本経済全体が成長していた頃の昔のお話なのです。時代はもうとっくに大きく変わっているのです。いつまでも昔の手法は通用しません。

現在でも、短期間でみれば、たまたま地合いが良く、日本株全体が上がっており、そこまでその会社のいいニュースがなくても株が短期間は上がる場合があります。それは本当にラッキーなことですが、まぐれ当たりのようなものです。いつまでもは続かないでしょう。

その会社の業績を調べもせずに買うのはやめよう

自分でよくその銘柄を調べていないのに買う、これが一番いけないのです。

株で失敗して「結局、株は博打だ、ギャンブルだ」、という話になるのは、最初にその銘柄を調べずに買って、ただ上がるのを待っている、それだけだからです。

どんなに有名な企業でも株を買う、ということにはリスクが伴います。東芝のように超有名な東証一部上場企業でも不正会計や巨額損失の問題で暴落することがあります。どんなに有名な企業の株でもよく調べないで買うのは宝くじを買うのと一緒、ギャンブルです。

目先の株価だけ見ていると少し含み損を抱えただけで怖くなって売ってしまう

私も最初は、業績の調べ方すらよくわからなかったので東証一部の超有名な大企業の株ばかり買っていました。しかし結局は含み損を抱えたときに「株はこわい。もうやめよう。やっぱり株なんて始めるんじゃなかった。私には株の才能がないんだ。」と思って売ってしまいました。損失を確定するのがわかっていて売る、いわゆる損切りというやつです。

儲けようと思って株を始めたのに、なぜ私は結局損しただけで終わったのか?そのときはわかりませんでしたが、今ならわかります。私は、目先の株価しか見ておらず、投資先の会社の方針や経営者のビジョン、決算説明資料などを何も見ないまま、「PBRが低くて割安だからそのうち上がるだろう」という、それだけで株を買っていたのです。

私がそのとき考えていたことは、私が儲かればいい、株が高くなったときに売り飛ばせば私の利益になる、ただそれだけだったのです。お恥ずかしい話ですが、そのときの私は自分の目先の利益しか考えておらず、非常に視野が狭くなっていました

私が以前、よく調べないで買った企業の株は、地合いの悪化とともに買値から10~20%ほど下がっていきました。そこまで値下がりすると怖くなって売ってしまい、結局損しただけで終わりました。しかも、私が売ったその銘柄(海運や大手百貨店の株でした)は、私が売ったところが底値に近く、2カ月ほどすると上がっていきました。あと少し待っていれば利益を出せたかもしれないのに、目の前に含み損を突き付けられただけで怖くなってしまい、売って損して終わったのです。余裕資金でやっており、すぐ売る必要は何もなかったのに、です。

会社の業績やビジョンを調べないで買うと、「なぜその価格でその会社の株を買ったのか」という、過去の自分の判断に自信が持てず、怖くなって売ることになってしまうのです自分の判断に自信を持つ、自分なりの投資方針を持って投資する、自分がなぜその銘柄を買うべきだと思ったのか根拠をもって説明できる、実はこれが株式投資をする上で一番重要なことなのです。初心者には経験がありませんから、すぐに自信を失いがちです。ましてや、業績やビジョンを調べないで株を買うということは、「株の才能」について語る以前の話です。才能、どころか、全く調べても、考えてもいなかったのですから。勉強もしないのにいきなりテストを受けるようなものです。私達は自分の判断に少しでも自信を持てるように調査や勉強を続けていくべきなのです。


スポンサーリンク


初心者にオススメなのは株主優待で人気の銘柄

とは言え、最初から会社の業績を調べて有望な会社の株を見つけて買うのには少し勉強が必要です。気軽に株を始めたいと考えている初心者の方におすすめしたいのは、株主優待や配当が魅力的な会社の株を買うことです。

慎重な人は最初から値上がり益よりも、株主優待配当を得ることを目的に、そういった株主還元を行っている会社の株を買うかもしれません。私はこれはとてもいい方法だと思っています。なぜなら、株主優待が人気の銘柄は極端に値下がりすることは少ないからです。権利落ち後に一度下がっても、優待が人気の株はいずれ次の権利確定日が近くなると上昇してくることが多くなっています。それは過去のチャートを見ればだいたいわかります。また高配当の銘柄は配当目的に保有していれば、たとえ含み損を抱えても配当で取り戻せる可能性があるからです。

こういった優良銘柄を買うことは、株主にとっては「株主優待」や「配当」という名の果実を毎年つけてくれる木を買うようなものです

ただ、もちろんこういう銘柄も経営が悪化したり、地合いが悪くなれば株は売られ、含み損の方が株主優待や配当で得られる利益よりも多くなってしまう可能性はありますから、それなりに覚悟しておく必要はあります。

株主優待についてはネット上に情報があふれていますし、証券会社によっては株主優待情報が充実しているところもあるのでそのような情報を検索すればいいでしょう。

まず最初はそういう銘柄から買って、少しずつ業績も見ていけるようになればいいと思います。また、株式投資の成功者が企業のどこに注目して取引してきたか、そういう勉強をすることも大事です。私がまず初心者の方にオススメなのは「投資の神様」と言われるバフェット氏についての本です。自分に合う本をインターネットか本屋さんで探して買ってみるのがいいと思います。

スポンサーリンク