人間とマシンの融合。

ホントにSFのような話ですが、世界では研究が進んでいるようです。

22日のメタップス(東証マザーズ、証券コードは6172)社長の佐藤航陽さんのツイートでは、

理論的にも技術的にも普通に上手くいきそう。人間と機械の融合、コンピュータの未来がこっちなのは間違いない。」と記されていました。

佐藤航陽さんのツイートについては

メタップス社長のツイートがすごい。

をご覧ください。

さて、このつぶやきは何についてかというと、世界的に有名な/イーロン・マスク(Elon Musk)氏の「ニューラリンク(Newralink )」というものについての記事へのコメントでした。

記事のタイトルは

Elon MuskのNeuralinkはクラウドベースAIを私たちの脳の拡張にするのが狙い

というものです。

うん、これだけ読んでも何のことやらわかりません。少なくとも私には。でも面白そうだからとりあえず読んでみましょう。

イーロン・マスク氏とニューラリンク

イーロン・マスク氏は、オンライン決裁システムのPayPal(ペイパル)、電気自動車事業のテスラ・モーターズ、宇宙事業のスペースX、太陽光エネルギー事業のソーラーシティなどを、創設した天才起業家です。

そしてニューラリンク(Neuralink)は人間とコンピューターをつなぐ脳インターフェイスの会社で、イーロン・マスク氏が関わっている、とのこと。

脳インターフェイス。なんじゃそりゃ。そこからわからん。検索すると、ブレイン・マシン・インターフェイス(Brain Machine Interface:BMI)と同じ意味で使われているようです。ではその、ブレイン・マシン・インターフェイスとは?

ブレイン・マシン・インターフェイス(Brain Machine Interface:BMI)とは?

ウィキペディアによると、「脳信号の読み取り・脳への刺激によって脳(思考)と機械のダイレクトな情報伝達を仲介するプログラムや機器の総称」だそうです。MRIなどの、生きたまま脳の活動を観測する脳機能イメージング技術ができた頃から現実味を帯びてきたようです。頭蓋骨の開頭を伴う侵襲式と、頭蓋骨の開頭を伴わない非侵襲式の2種類に分かれるらしい。

ふむふむ。MRIはなんとなくわかります。MRIは脳の中の様子を画像にして病気の診断に使うけれど、病気じゃなくて考えていることがわかる、というのがBMIなのかな。すごいね。

まあ、わかったふりして「Elon MuskのNeuralinkはクラウドベースAIを私たちの脳の拡張にするのが狙い」の記事を読んでみましょう。一番重要そうなところを抜粋すると、

Neuralinkの技術は、自意識やその他の高度な脳内能力と同じレベルで、AIを人間の追加能力の1つとして使うことを可能にする。そのような高帯域幅を脳に直接接続することが可能になると、私たちの核になる自意識と区別がつかないような方法で、私たちの自意識とクラウドベースAIを統合することが可能になる。・・(中略)・・とMuskは語る。」

ん、ごめん、全然わかんない。私が昭和50年代生まれだから?そもそも高帯域幅とは?

高帯域幅とは?

ウィキペディアによると、「帯域幅(英: Bandwidth)とは、周波数の範囲を指し、一般にヘルツで示される。帯域幅は、情報理論、電波通信、信号処理、分光法などの分野で重要な概念となっている。

帯域幅と情報伝達における通信路容量とは密接に関連しており、通信路容量のことを指す代名詞のように俗称的にしばしば「帯域幅」の語が使われる。特に何らかの媒体や機器を経由して情報(データ)を転送する際の転送レートを「帯域幅」あるいは「バンド幅」と呼ぶ。」

つまり高帯域幅とは通信路容量が大きいことを示すようです。

私達の脳が人工知能とつながる

脳の自意識と人工知能がつながる、そしてその人工知能はクラウド上にある。しかも容量の大きいデータのやりとりができる、と、そういうこと?

つまり、どこかのサーバに人工知能があって、そこにいろんなところからいろんな人が直接、自分の脳の自意識と高速で接続できるってこと?

それって・・・。自分の脳をそのクラウド上の人工知能につなげちゃえば、みんなすぐ天才になれるってことじゃないだろうか。

そしてその恩恵にあずかれる人とそうでない人の間には、情報、知性の面でものすごく差が出てくるのではないだろうか。

でももしもみんながそのサービスを受けられるようになったら、人類の知性が飛躍的に向上するよね

悪用されたらダメだけど、もし悪用されずに良いことに使われるなら、みんなが今よりもっと合理的に生きられるかもしれない。

人類が知性を使いこなすには良心が必要

今、自分が何をすべきかがいつも的確に判断できたら、人生で路頭に迷うこともなくなるのかな。

でも果たしてその素晴らしい知性を、良いことのために使いこなす良心が私達にあるのだろうか?

マスク氏は、過去に人工知能の危険性について警鐘を鳴らすコメントも発表しています。潜在的には核兵器より危険だ、とも。

しかし、人工知能が人類に果たす重要性も認識されており、人工知能を人類のために活用するべきだ、とも考えているようです。

人類が他者を思いやる心を持っていたらこの技術でみんな幸せになる。でも心のレベルが十分でなかったら破滅を選ぶのかも?

テストみたいなものだね。人類の良心は進化してきたのかどうか。

いい方向に活用されることを信じます。