株式投資の基本的な考え方と個人投資家の貴重な意見

株式投資は自己責任の世界ですから、人のいうことにあまり影響を受けず自分でしっかり考えるクセをつけるために、私はあまり株の情報誌は最近は読まないようにしています。

ですが、日経マネーはときどき読むようにしています。株式投資の基本的な考え方や成功している個人投資家の考え方などが載っていて参考になることが結構あるからです

日経マネー6月号は大化け株、10倍株特集!

やはり株をやるからには儲けたい!それも大きく!というのが皆さんの本音ではないでしょうか。

かくいう私もそうです。でも今年中とか来年とかそういう短いスパンではなくて10年ぐらいかけて大きな利益を得たいと思っています。

お金儲けは悪いことと思われがちですが、長い時間をかけて、自分も会社も共に成長していくことを望む投資法は、誰にも迷惑をかけないし、その企業の業務内容が社会に求められていることであれば、むしろいいことだと思います。

今回の日経マネーは表紙に「大化け株」とか「10倍株」とか載っていたのでつい買ってしまいました。

参考になった記事

ネタバレするといけないので詳しくは書けませんが、私が特に参考になると思った記事は「大人気ブロガー対談 カリスマ兼業投資家が語る大化け株の攻略法」と「澤上篤人の特別講座 長期投資でFinancial Independence(経済的自立)を勝ち取ろう」という記事です。

カリスマ兼業投資家が語る大化け株の攻略法

この記事では大人気ブロガーである奥山月仁さん(エナフンさん)とすぽさんが対談した内容が紹介されています。

お二人とも会社員をしながら投資されているということで多くのサラリーマン投資家のためになることが書かれています。

私が特に面白いと思ったところは、株式投資の面白さについて奥山さんが

「ゲームとしての面白さはマージャンに似ていて、運と実力のバランスが面白い。・・(中略)・・「今回はついていたな」「今回は実力で儲けられたな」という感想が混ざり合うところが面白いと感じています。」

なるほど・・と思いました。どんなに努力して情報収集して自分なりに考えても運が悪ければ勝てないこともある。でも勝つ確率を高めるためには自分で努力して頑張るしかない。その辺りのバランスが株式投資の醍醐味なんですかね。

澤上篤人さんの長期投資でFinancial Independence(経済的自立)を勝ち取ろう

これら株式投資、特に長期保有するメリットについてとてもためになることが書かれています。

長期投資はお金の増え方がすごく健全だ、と書かれています。

世の中や社会から喜ばれて、「ありがとう」という言葉とともに、お金が増えて戻ってくるんだ。

長期投資だとお金が優しく働いてくれる。世の中のためとか、社会に良かれといった、青臭い言葉が平気で飛び交う。」

青臭いことを言っていながら、しっかりとお金を増やしていくのだから、長期投資ってすごいものなのだ。

よくぞ言ってくださった!

個人投資家の憂鬱の1つに、株をやっていることを知られると「欲深いイヤな奴」と思われてしまいがちなことがあります。私みたいな弱小サラリーマンが少ない身銭を切って、社会貢献性の高い会社を応援しているのに、です。

その誤解?を解きたいと常日頃から思っています。株ってすぐに儲かる訳じゃないし努力せずに儲かる訳でもない。本当に自分の利益だけ考えてたら株で利益なんてあげられないよ

私が得ている含み益は、投資して社会貢献しようという気持ち(とあと少しの運とお金持ちになりたいというちょっとした欲望)の賜物なんだー!と言いたいところですが、なかなか普通の人には理解はしてもらえないだろうな・・。まあ、欲深いのも事実だしな・・。

今回ご紹介した内容はほんの一部ですので、気になる方は買って読んでみてください。