ブロガーにとって重要なことは検索結果の順位

以前、このブログで「ブログは楽しいよ!書こうよ!アフィリエイトすれば稼げるかもよ!」みたいな記事を書きました。

(詳しくは

あなただけが書けるブログを書こう!

をご覧ください。)

ブログを書いているブロガー達、特にアフィリエイトで稼いでいるアフィリエイター達にとって重要なのは、自分の書いた記事に含まれるキーワードで検索したとき、Googleなどの検索エンジンがその記事を検索結果の上位に上げてくれるかどうか、です。

検索しても目を通すのは検索結果に出てきた中の最初の1ページ目だけ、という人がほとんどではないでしょうか。ブロガーにとってはなるべく多くの人に見てもらいたいわけですから、自分のブログが検索結果で上位に出てくれるほど嬉しいわけですね。

そこで、Googleはどんな記事を書いているブログを上位に表示してくれるのか、ということがとても重要になってきます。

Googleは「良い」コンテンツ(記事)を上位に上げるようにしている

ネット上には、他人の記事をそのままコピペしたようなものや、中身の浅いもの、有害な情報を載せたものなど、良くないブログも存在しています。

そのような記事が検索結果で上位に出てきてしまうと、検索する人が減ってしまい、結果としてGoogleの収益も落ちてしまうことになります。Googleの収益のほとんどは広告収入ですから、そうなったらGoogleにとってはとてもまずいことになります。

Googleはそのような質の低いブログや記事が検索結果で上位に出てこないようにしています。また逆に、Googleが「良い」と判断した記事を検索結果の上位に載せるようにしています

Googleが評価するのは「愛」のある記事。

そこで、ではGoogleはどんな記事を「良い」と判断するのか?ということが重要になってきます。

とてもためになる情報がありますので下の「海外SEO情報ブログ」さんをご覧ください。

高品質コンテンツに求められるのは”愛”

この記事の中でGoogleの方が、

「ランキングを上げるためではなく、ユーザーを満足させるコンテンツを作ればいい。

そのコンテンツが本当に品質が高いかどうかは自分自身でわかるはず。

いかに”愛”があるコンテンツを作るかが重要。
コンテンツ作りは
愛を持って自分のサービスを作っていってほしい。」

と語っています!

ついに「愛」がビジネスで語られる時代になった!

私はとても興奮しました。ついに、「」という言葉が、ビジネスでも使われるようになったのです。

(ちなみにここでいう「愛」とは男女の「愛」や親子の「愛」といったような狭い人間関係の中の「愛」ではなく、社会の人全般(特にここではそのブログを見てくれる人みんな)に対する広い「思いやり」のようなものだと私は解釈しています。)

私は学生時代、「アミ 小さな宇宙人」という本(さくらももこさんの挿絵がついている本です。)の内容にとても感動したことがあります。そこでは理想の社会の在り方や、より良く生きるための考えなどが書かれているのですが、そこでは「愛」について次のように書かれています。

・「『思考』は人間の持っている最高の財産ではない」

・「楽しむためには、楽しんでいるということに気がつくことが必要

・「気がつくということは考えることとはちがう。気がつくということは、意識であって、それは思考よりも上」

・「愛がなければ楽しみもない。意識がなくてもおなじことだ。思考は人間のもっている可能性の中で三番目に位置する。第一位は愛が占める

・「愛が、人間のもっている可能性の最高のものだ

現在の世の中では「思考」が重んじられ、良く考える人こそ一番えらいように言われているが、それは人間の三番目の財産に過ぎない。本当は「愛」をもった人こそ必要なのだ、というように書かれています。

「愛」のあるブログ、ビジネス、生き方を目指そう。

あの、時価総額が世界で2位のGoogleが「愛」のある記事を評価する、と言っているのです。ビジネスの世界もついに「愛」の重要性に目覚めた、ということなのでしょう。

ここまでインターネットが進化すると、それを利用する人(お金持ちだけでなく貧しい人もネットを利用することが多くなる)の利便性を考えることが重要になってきます。思いやり、とも言えるかもしれません。

今まではその声を取り上げられることがなかった貧しい人達も、インターネットの貴重なユーザーになってきます。また、インターネットで自らの考えを述べたりすることができるようになってきています。もはや、その声を世界は無視できない。

ブログであれば読み手のことを考えた親切なブログを目指すべき。そうでなければ逆に生き残れない。そういうことなのでしょう。

きっとブログ以外の他のビジネスでも「愛」の重要性が(「愛」という言葉が使われるかはわかりませんが)認知され、生き残る時代になるのではないか、と私は思っています。そしてビジネスだけでなく、その人自身の生き方にも「愛」があるかどうかが重要視されてくるようになると思います。