NHKのクローズアップ現代で取り上げられたサンバイオ!

目先の株価は気にしてなかったのですが、なんだか最近のサンバイオの株価の動きが元気だな、とは思ってました。

サンバイオのホームページをよく見てみたら、NHKの4月20日の「クローズアップ現代で」取り上げられたって書いてあるじゃあないですか!

くっ!不覚でした・・。どうせ治験には時間がまだかかるからいいニュースはまだしばらくはないかな、と思ってホームページのニュース欄はチェックしていませんでした。

いけないいけない。こんなことではサンバイオファンを名乗れませんね。

さて、そのクローズアップ現代ではどう取り上げられたのでしょうか?NHKのサイトを見てみましょう。

クローズアップ現代で「夢の薬」として紹介されました!

この日のクローズアップ現代のタイトルは「脳がよみがえる!?再生医療大国・日本の逆襲」というものでした。

そしてゲストは慶應義塾大学医学部教授の、岡野栄之教授です!

そう、サンバイオファンなら知っていますが、この岡野教授こそサンバイオの期待の薬、SB623が開発されるきっかけの研究を行った教授です!

岡野教授は「数年先には実用化できるように頑張っていきたいなと思っています」とコメントされています。

ええ、いいですとも。待ちますとも。2年でも3年でも5年でも10年でも。10年待たされる可能性は低いと個人的には思っていますが。

そして、岡野教授はSB623の大きな長所である「他家移植」についてもコメントしています。

「ある方から細胞を取って、そして一流の細胞を100人分調整するということも可能で、それを100人の方に投与することが可能となります。

この場合、均一な品質管理もできますし、時間とコストも削減することができると。

これは「他家移植」と言ってまして、この他家移植による再生医療というのは、まさに今後、この再生医療に関するコストを下げるという大きな切り札になるんじゃないかと思っております。」

さらに教授はSB623が他家移植であることもはっきり言ってくれてました。

そうですよね!いくらいい薬でも値段が高すぎたら普通の人は使えなくなってしまいますもんね。お金持ちしか使えなかったらとても残念です。

「他家移植」であることでコストが抑えられ、一部のお金持ちでなくても薬が投与される、ということはとても重要なポイントだと思います。

投資家についても言ってくれました。

そして番組では投資会社の原丈人会長が「世の中に役に立つ再生医療のような研究開発に対しては、自分たちの資金を、たとえ時間がかかっても出していこうという人たちは(日本には)大勢いる。

これを事業化することさえできれば、日本は世界をリードする再生医療分野の科学技術立国になる。」

私の投資資金などホントに少額ですが、サンバイオのようないい企業に投資できるのは嬉しいことです。

株価はまた下がる可能性もありますが、気長に待ちましょう。