大化け期待のジグソー、第1四半期の決算が発表されました!

IoT銘柄で大化け期待のジグソー(東証マザーズ、証券コードは3914)が5月9日の大引け後(15:30)に決算を発表しています。私は勤務中だったのでリアルタイムで確認した訳ではありませんが、大引け後の発表みたいですね。

本来なら10日に予定されていたはずですが、一日前倒しになったみたいです。

そしてその内容は・・・

17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益が1億円に拡大しました!

前年同期比78.2%増です!

いいですね~。順調に成長してますね~。

直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業利益率は31.1%でした。これは前年同期は26.9%だったのでこちらも伸びてますね。

では、その内容を見て見ましょう。

何が伸びたのか?

当四半期決算に関する定性的情報

(1)経営成績に関する説明

「(省略)・・・当社事業の柱である自動運用をベースとした各種物理サーバ・クラウドサーバ・ハイブリッドサーバを対象とするマネジメントサービスは、引き続き解約率の低い月額課金案件の受注獲得を推し進めたことにより堅調に推移し、四半期として過去最高益を達成いたしました。また、子会社Mobicommとの取り組みによる継続的なIoTサービス課金に向けた・・(省略)・・当第1四半期連結累計期間におけるMobicomm単体の業績としても昨年に引き続き黒字を確保しております。なお、当社グループの通期連結業績見通しは、従来事業の積み上げ(現時点受注ベース)のみを考慮した場合でも、増収増益による連続最高益を達成することを見込んでおります。」

ふむふむ。月額課金案件。ジグソーのIRではこれが重要な言葉ですね。

一度契約してしまえばなかなか解約されない。契約すればするほど収入が増えていく、というわけですね!

「当社グループは従来のIoT分野に加え、「生物・細胞」をソフトウェアによってダイレクトに制御する再生医療分野に おけるプロジェクトについても具体的に取り組んでおります。・・(省略)・・当社グループが開発を進める視覚再生用プリズムグラスの実用化に向けたグラス装着による臨床研究は、早ければ2018年中にも開始する予定です。」

おお、注目の視覚再生プロジェクト。人間とマシンの融合ですね・・。とても先進的なプロジェクトなんでまだまだ実現は遠いかと思いきや、来年にも臨床研究を開始するかもしれない、ということですか。

「・・この結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高322,433千円(前年同期比49.1%増)、営業利益100,103 千円(前年同期比70.4%増)、経常利益103,093千円(前年同期比78.2%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益 70,887千円(前年同期比79.7%増)となりました。」

そして売上高、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益のどれも大幅増!いいですね~。

 

(2)財政状態に関する説明

「(資産)  ・・(省略)・・当第1四半期連結会計期間末における総資産は、1,460,485千円となり、前連結会計年度末に比べ 126,169千円増加いたしました。

(負債) ・・(省略)・・以上の結果、当第1四半期連結会計期間末における負債は、359,162千円となり、前連結会計年度末に比べ8,339千円減少いたしました。

(純資産)  当第1四半期連結会計期間末における純資産は、1,101,323千円(前連結会計年度末比134,508千円増)となりました。
これは、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上に伴い利益剰余金が増加(前連結会計年度末比70,887千円増)、そ の他有価証券評価差額金が増加(前連結会計年度末比61,687千円増)したことによるものであります。」

うん。資産が増え負債が減り、純資産が増えた、というわけですね。

元々ジグソーの財務は良かったですが、さらに改善しました。

(3)連結業績予想などの将来予測情報に関する説明

「平成29年12月期の通期連結業績見通しにつきましては、引き続き当社グループを取り巻く事業環境が大きく伸長する ことを鑑み、連結業績予想は引き続き非開示としておりますが、今後、連結業績予想の開示が合理的に可能となった時点で速やかに開示いたします。」

うんうん。楽しみに待っていますよ。

気になる株価はどうなる?

ジグソーに寄せられる期待は大きく、元々かなり株価は割高なので、こんなにいい決算でもそんなに急に株価が上がるということはないかな。

でも順調に成長しているのは確か。指数関数的成長になっていくといいですね!
「指数関数的~」については、

ジグソー「指数関数的に成長」と言われるとつい買いたくなってしまう。

をご覧ください。
IoTの導入で労働者の負担も減るはずです。社会の発展に貢献して着実に業績を上げていき、株価もジリジリ上がるといいな。