ビックカメラから配当と優待の封筒が来ました!

おとといぐらいにビックカメラから来た「株式関係書類在中」の地味な封筒。家のリビングに置きっぱなしになっていました。

証券会社のページを見てみたところ、ビックカメラからの配当金が入ったことが判明。とすると株主優待も来ているはず・・、あ、封筒来てたの忘れてた。と、思い出しました。

私はビックカメラは優待目的で100株しか買っていません。でも愛着がないのかというとそうではなく、しばらく売るつもりはありません。なぜなら、長期保有の株主はもらえる優待券の額が増えるからです。長期保有タイプの株主にとっては、この、「ただ株を持ち続けているだけでもらえる優待の額が増える」という長期保有株主を優遇する制度はとても魅力的なんですよね。会社への愛の強さを評価していただけるような気がします。

ビックカメラの場合、1年以上、または2年以上継続保有すると8月の基準日に株を持っていた場合にもらえる優待券の額が1000円分(2年以上の場合2000円分)増えます。例えば、100株の株主の場合、2月基準日で持っていた人は2000円分、8月基準日で持っていた人は1000円分もらえるのですが、1年以上継続保有している株主さんは8月基準日に持っていた場合にもらえる優待券の額がもう1000円分アップ、2年以上継続して持っている株主さんは8月基準日に持っていた場合にもらえる優待券の額がもう2000円分アップしてもらえるのです。(2月基準日については長期保有の人もそうでない人も額は同じです。)

今後変更する可能性もありますが、当分これは続くと信じましょう。

優待券は「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」の店舗で使えます。また、ビックカメラとソフマップのインターネット通販で使えます。でも通販で使うのはなんだか面倒そうなので、私は店舗でした使ったことがありません。通販で使うと優待券を郵送しなくてはいけないので、それが面倒に感じるのです。一度やってみればそう面倒でもないのかもしれませんが・・。

まあ、なかなかこの額では電化製品は買えませんから、日用品かお菓子を買うのに使おうかな。

ビックカメラの店舗の中には日用品やお菓子を売っている店舗もあり、そこで使うと無駄なく使えます。

こちらについては

ビックカメラの株主優待でお菓子を買う。

をご覧ください。

 

封筒の中身を確かめる。

封筒に入っていたのは「配当金のお受け取り方法について」と「配当金計算書」と「Business Report 第37期 中間報告書」、そして「第37期 中間期株主様お買い物優待券」のちょっと小さい封筒です。

とりあえず真っ先に開けてみるのは、そう、優待券の入っているちょっと小さい封筒です。

中身を見てみると・・・。

うん。無事に入っていました。良かったですね!

配当金の方は、500円というのは知っていたので特に新しい情報ではないですが、嬉しいですね。でもそこからご丁寧に所得税76円と地方税25円が引かれるので、実際に私に入ってくる額は399円です。

「少なっ!」と思われるかもしれませんが、私は無配当の銘柄もかなり持っているので399円でももらえると嬉しいです。コンビニでパンと牛乳ぐらいは買えるもんね。

「Business Report 第37期 中間報告書」を読んでみる。

投資家の醍醐味は優待と配当だけではありません。そう、「今後、この会社は伸びていくのか?」という妄想をする機会が与えられることこそ、株主の醍醐味です。

せっかく印刷物を送ってくれたのですから読んでみましょう。

NEWS & TOPICSとして

1 名古屋JRゲートタワー店オープン!

2 ご期待ください!本年秋、調布、船橋に連続出店!

3 Air BICCAMERA、 ついにお台場へ!

の記事が載っていました。私が特に注目したのは、「1 名古屋JRゲートタワー店オープン!」の記事です。

4月7日に開店したこの新しい店では「座って試せる美容家電コーナー」、「提案型IoT家電コーナー」、「寝具・インテリアコーナー」があるそうです。「提案型IoT家電コーナー」、興味あるから見てみたいな。名古屋にお住まいの方がうらやましいです。

ところで今回の中間報告書には載っていませんでしたが、個人的にはビックカメラの

2017.4.5のIR、「仮想通貨ビットコインでお支払いが出来る決済サービスを4月7日より試験導入」が気になっています。
こちらについては
もご覧ください。
どうなったか情報があると嬉しいな。