ちょっと前のメタップス社長のツイートから。あのフェイスブックの創始者のザッカーバーグさんもベーシックインカムの導入に賛成の意を示したそう。

いい流れの気がします。生活苦に悩む人を少しでも減らしたいですよね。

佐藤社長は「普通に整理してくと辿り着く結論は同じになるからね(ただ、うまくいくかは別の話だが) 」とコメントしています。佐藤社長もベーシックインカムには基本的に賛成なのでしょう。優秀な起業家は同じような結論にたどり着く、ということでしょうか。思いやりのある起業家さんは素晴らしい。

元の記事はこれ。「 ついにザッカーバーグ氏も! ベーシックインカムの導入を提唱 (https://t.co/qNnZn0tVI6)
https://t.co/zPCzRrf1N2 #NewsPicks」

ところでユニバーサルベーシックインカム(UBI)とは?

生きていくのに必要なお金をすべての人が無条件で受け取れる制度のことです。

技術革新によって今まで人間がやってきた仕事は今後減っていくと予想されます。そんな中で生活に困る人が出てこないように、ベーシックインカムは必要な制度だという考え方が広まりつつあります。

生活の不安がなくなれば、クビにならないようにするためにたくさん働かないといけない、と思って過度に働く、というケースもなくなるんじゃないかな。自分に向いた仕事を探す余裕が出てくると思うし。やりたい仕事にしても若いときにやりたいと思った仕事と、人生の経験を積んでからやりたいと思う仕事は変わってきて当たり前だと思うんですよね。本当にそのとき自分がやりたいと思う仕事をやるのが一番いいと私は思います。

高校、大学を出た時点で自分の天職と思える仕事を見つけてしかもその職業に就ける人は現在はとても少ないでしょう。その結果、向いていない仕事をやる気もそんなにわかないのに「やらされる」はめになります。そうすると当然生産性も上がらず、つらいと感じることが多くなるでしょう。

自分の人生を家族や友人とゆっくり味わうこともなく、ひどい場合はただお金のため、生きていくことだけのために大事な自分の時間を消費してしまう。

そんな状態じゃ死ぬときに「なんのための人生だったのかな、もう少し幸せに暮らしたかったな。」と思うことになるでしょう。

死ぬときに「ああ、いい人生だったな」と思いながら死にたいですよね。

そのためには自分が向いている、自分の能力が発揮できる仕事に就くことが大事です。ベーシックインカムはそのために必要な余裕を与えてくれると思います。

それと生活に困る人がいなくなれば犯罪も減ると思うし社会全体も安定すると思うのです。

財源については私は計算をした訳ではありませんが、こんなに世界中で議論になり、有能な起業家が提唱したりするんだから、何とかなるんではないのかな。

記事によると、「すでにさまざまなIT企業の大物たちがベーシックインカムを支持している。例えば、テスラのCEOイーロン・マスク氏、Yコンビネーターの社長サム・アルトマン氏、Facebook共同創業者のクリス・ヒューズ氏などだ。ヒューズ氏は「Economic Security Project」というベーシックインカムのためのファンドを運営している」とのこと。ふーん、イーロン・マスクさんも支持してるんだ。

ザッカーバーグさんは次のように話したとのこと。「テクノロジーは進化し続けている。だからこそ生涯を通した継続的な教育の提供をより重視する社会を目指すべきだ。もちろん、やりたいことを追い求める自由をすべての人が享受するには、コストがかかる。そのためのコストは、私のような人間が払うべきだし、君たちの多くが成功を収めたなら、その時は君たちも払うべきだ」

かっこいい起業家さんですね。