• セレスはポイントサイトの「モッピー」を運営する会社

個人的に一番おもしろいポイントサイトと思う「モッピー」。運営するのは東証1部のセレス(証券コードは3696)です。

ポイントサイトとは、そのサイトで簡単なゲームをしたり買い物したり広告を見たりアプリをインストールしたりするとポイントがもらえるサイトです。

モッピーの場合、貯めたポイントは現金、電子マネー、ギフト券、ビットコインなどに交換できます。

ゲームをしてお金がもらえるなんて、いい時代になったものだ・・・。もちろん小銭ですけどね。

なぜ人を遊ばせたりするサイトでセレスが利益を上げられるかというと、セレスには広告収入が入ってくるからですね。確かにかなりの数の広告が表示されています。

四季報の記述もいい感じ。株価が上昇中。

さて、肝心のセレスの業績ですが、最新の四季報の記述では「増益続く」などの文字が見えますね。ポイントサイトの会員数が順調に伸びているみたいです。

株価は今月、1500円を切るときがありましたが持ち直して今日は1700円もつけています。

私はもっと安くなるのを待っていたのですが、ついに今日待ちきれずに100株だけ買ってしまいました。

セレスはビットコイン海外送金サービスを開始

以下のニュースが今月19日に出ています。

「ビットコイン海外送金サービス開始に関するお知らせ

2017年5月19日

当社は、本日開催の取締役会におきまして、新たな事業としてビットコイン海外送金サービス「Sobit」の開始を決議いたしましたので、お知らせいたします。

1. 事業開始の趣旨

当社は、スマートフォン端末をメインデバイスとするインターネットメディアを企画・開発し運営することを主業としており、現金や電子マネー等に交換可能なポイントサービスを運営しております。そのポイントは一種の仮想通貨であると定義しております。そのため、グローバルな仮想通貨であるビットコインとは非常に親和性が高いと考えております。また、近時FinTech(フィンテック)と呼ばれるFinanceとTechnology を合わせ持つ領域のベンチャー企業が隆盛しており、技術革新により今後もより質の高いサービスが提供されることが予想されます。

平成29年4月の改正資金決済法の施行により、決済通貨としてのビットコインの法的裏付けがされました。それにともない当社では、昨年6月に合同会社ジャノム(本社:東京都品川区、代表社員:日向理彦)と連携し、第一弾サービスとしてビットコイン送金サービス「CoinTip」を開始しております。この度提携サービス第二弾として、ビットコイン海外送金サービス「Sobit」を開始することを決議いたしました。

2. 新たな事業の概要

本事業「Sobit」は、仮想通貨ビットコインを使って海外の通信会社が運営するプリペイド式携帯電話へ入金(チャージ)ができる、ビットコイン海外送金サービスです。ユーザーは、ビットコインを持っていれば世界137ヶ国、累計551社の携帯電話会社向けに、オンライン上でプリペイド式携帯電話への入金(チャージ)が可能となります。Sobitユーザーは、個人情報やクレジットカード情報を入力することなく、入金先の電話番号を入れ指定の QR コードにビットコインを送金するだけで、プリペイド入金が完了します。Sobitは多言語対応のグローバルサービスを目指します。

(以下省略)」

仮想通貨についての法律の施行で世の中がもっとおもしろくなりそうな気がしています。

特にビットコインは少額の寄付に向いているので、海外送金ができるようになれば地球の裏側の人にもチップや寄付を送ることができるようになります。

この事業の開始は7月中を予定しているようですよ。

モッピーのオススメは英単語Test

通勤途中の電車の中でモッピーで遊んで、もっと小銭を貯めようと考えています。

ちなみに私が好きなゲームは英単語Testです。けっこう英語の勉強になるんですよ。

興味がある方はモッピーに登録して小銭を稼ぎながらゲームを楽しんで下さい。

お金がたまるポイントサイトモッピー