インフォテリアが株主総会でブロックチェーンの技術を使う!

さすがはブロックチェーン銘柄ド本命のインフォテリア。面白そうな取り組みですね。

株価もここのところ好調だし持っていて良かった。ま、100株しか私は持ってないのですが。

ではその6月1日のプレスリリースを見てみましょう。

タイトルは

「世界初、上場企業の株主総会における議決権行使をブロックチェーンで実証実験」

です!

いいですね~( ´∀`)。世界初、というところがなんとなくかっこいいです。

「〜 株主総会主催者でも改ざんができない投票システムでミスや不正を排除 〜

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、同社の第19回定時株主総会〔2017年6月24日(土)13:30開催予定〕の議案を使用して、ブロックチェーンを用いた議決権行使の実証実験を、本日6月1日(木)〜6月24日(土)の間で実施することを発表します。」

ふむふむ。実際の議案を使用するのですね。

実証実験の背景と特長とは?

以下、私が特に気になったところだけ抜粋します。重要と思われるところを太字にしています。

「ブロックチェーンは、フィンテックの中核技術として金融業界における適用が注目されていますが、この実証実験ではあらゆる業界の「株式会社」にブロックチェーンが適用可能であることを示すものです。上場企業の株主総会の議決権行使における実証実験は世界初となります。

この実証実験では、希少性のあるトークン(デジタルアセット)を議決権として使用することにより、株主総会主催者であるインフォテリアですらデータ改ざんができない公正で透明性の高い投票システムの実現を証明します。

<本実証実験の特長>

  • 基本技術としてプライベート・ブロックチェーンを用いていること
  • 株主毎に異なる票数を持つことを可能としていること
  • 議案毎に複数トークン(デジタルアセット)を同時に発行して集計が可能であること
  • 票数はリアルタイムで集計が可能であること(集計結果の開示は総会当日を予定)
  • 特別なアプリを必要とせず、PC、スマートフォン等から投票が可能であること
  • 票数の改ざんが株主総会主催者(インフォテリア)でも不可能であること
  • 投票期間内は24時間いつでも投票を受け付けられること
  • 将来的に、信託銀行などからのAPIによって株主情報を得ることを想定していること

なお、この投票はあくまでも実証実験であり、実際の株主総会の議決には反映されません。

実証実験システム概要

本実証実験では、ブロックチェーンにテックビューロ社の「mijin」、クラウドプラットフォームにマイクロソフト社の「Microsoft Azure」、結果分析などのデータ連携においては当社の「ASTERIA WARP」を使用します。」

 

ふむふむ。ブロックチェーンの特徴の一つとして、改ざんができないことがありますよね。公正で透明度が高いこと、これはいいですよね。

ここで重要そうな言葉について書いておきましょう。「トークン(デジタルアセット)」、「mijin」を改めて調べます。

トークンとは?

IT用語辞典によると、

トークンとは、証拠、記念品、代用貨幣、引換券、商品券などの意味を持つ英単語。

プログラミングでは、ソースコードを解析する際にそれ以上細かい単位に分解できない文字列の並びの最小単位(要素名や演算子など)のことをトークンという。

ネットワーク制御で、ネットワーク上を周回する送信権を意味する特殊な信号やデータをトークンということがある。」

ふーん。このインフォテリアの実証実験の場合、議決権がトークンになるということですね。

「mijin」とは?

インフォテリアの株主として、知っておかなければいけない言葉、「mijin」。

このプレスリリースでは以下のように説明がされています。

mijinは、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築できるプラットフォーム。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能なセキュリティ環境が構築できる他、実質ゼロダウンタイムを実現する。金融機関から電子マネーポイントオンラインゲームロジスティクスまで、幅広く利用できる。」

私がインフォテリアの株を買ったのは、インフォテリアがテックビューロと事業提携して一緒にプライベート・ブロックチェーンの実証実験に取り組んでいるからです。同じ理由でさくらインターネットの株も買っています。

テックビューロは国内で唯一、プライベート・ブロックチェーンの技術を持っている会社で、ブロックチェーンの製品である「mijin(みじん)」の開発を進めている会社です。

「mijin」のサイトによると、その名前の由来は

「mijinの名は、忍者の武器である「微塵」に由来します。3本の鎖に分銅がついたこの武器は、敵を「微塵」に打ち砕くことからそう名付けられました。
mijinは、既存のデータ管理インフラの常識とコスト構造を打ち砕きます。」

だそうです。コストは安く、しかもより安全なシステムということなので期待しています。

株主総会、行きたいけど多分行けないな・・・。インフォテリアからの結果の発表を待っていることにします。