どこもかしこもポイント、ポイント。

ここ十数年で、ポイントのサービスを導入したり充実したりする会社が増えましたね。しかもその額があまりバカにできません。

私は面倒なことが嫌いなので、そんなにマメにはポイントを貯めてない方だと思っていましたが、気づいたら相当ポイントのお世話になっていました。

「ポイントカードはお持ちですか?」と支払いのときに聞かれるのがちょっと面倒でもあるのですが、このポイントをちゃんと活用すれば自分の生活へ潤いが出てくるし、家族やときには他人にプレゼントを贈ったり支援したり、ということができます。

私の活用例をまとめてみました。

1.楽天ポイントを貯めて楽天で自分のために電子書籍や食べ物を買う。

楽天ポイントはとても貯めやすいですね。ネットショッピングで貯めたのもあるけれど、私は「楽天市場チェック」、「楽天スーパーポイントスクリーン」、「Infoseek」のポイント付きの広告メールを見ることなどによって積極的に貯めています。

期間限定ポイントが結構貯まるので、期限が迫ってきたら電子書籍や食べ物を買うなどして有効利用しています。

楽天市場にはたくさん商品があるので欲しいものはいくらでも見つけられますね。

2.イトーヨーカドーでnanacoポイントを貯めてお正月用の食べ物を買う。

我が家では頻繁にイトーヨーカドーに行くのでそのポイントがよく貯まります。

貯まったポイントは一年に一回、お正月用のごちそうを買うのに使います。けっこう、一万円ぐらいの金額分のポイントは貯まるので、お正月用のカニやおせちなどの品物を買うにはピッタリです。

お正月の出費を抑えて楽しく家族で新年を迎えています。

3.dポイントや楽天ポイントを使って母の日と父の日のプレゼントを送る。

私はドコモユーザーなのですが貯めた、(というか勝手に貯まった)dポイントや楽天ポイントを使って今年は母の日や父の日のプレゼントを送りました。

スマホの料金は毎月払っているのでポイントもそれなりに貯まります。ポイントを利用していなかったときは母の日や父の日のある月のカードの請求がいつもより多めになっていましたが、今後はそんなことはなくなるでしょう。

両親にも喜んでもらえるので嬉しいです。自分のお財布も負担がないですしね。

4.ビックカメラSuicaカードを使って貯めたポイントで食品をもらったりSuicaにチャージしたりする。

定期券は半年に一度は買わないといけないのでどうしても使うお金です。しかもそれなりの額です。私はビックカメラSuicaカードを持っているのでそのクレジットカードを使って定期券を買っています。そうするとビューサンクスポイントがつくので、その貯めたポイントをビックポイントに交換したり、米やおかずなどのプレゼントに交換したりすることができます。駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)でSuicaにチャージすることもできます。

5.ポイントサイトで貯めたポイントをビットコインに交換して海外の困っている人を支援するNPOに寄付をする。

これはまだこれからやろうと思っていることなのですが、私はポイントサイトのmoppy(モッピー)を利用していて遊びながらポイントを貯めています。ポイントサイトとは、そこの広告を見ることなどによってポイントがたまる仕組みです。moppyは東証一部上場企業のセレス(証券コード3696)が運営するポイントサイトで、比較的ポイントを貯めやすいことで知られています。そして貯めたポイントをbitFlyercoincheckという取引所を通じてビットコインに交換することができる、という特徴があります。

ビットコインを使えばNPO団体に簡単に寄付をすることができます。従来、海外への送金は銀行を通すため手数料がかなり取られ、また手続きも煩雑なため簡単にはできませんでした。寄付した額のうち2500円程度も手数料で取られることがあるようです。でもビットコインなら、銀行を通さずに直接送金できるため、手数料はほとんどかからず、しかもすぐ送れるのです。

特にcoincheckという取引所はビットコインの寄付に力を入れています。東南アジアの孤児院等を支援している団体など、多くの種類のNPOに寄付をすることが可能です。国内の団体もあります。

私は今7000円分ぐらいはmoppyでポイントが貯まっているのでそれをビットコインに変えて、半分は自分のために取っておいて、半分は寄付に使おうと思っています。

自分のお金ではなく、もらったポイントで支援ができるなんて、なんだか不思議だな、とも思います。いい時代になったのかもしれません。

私はそういう意味でセレスという会社はとても面白いサービスを展開しているな、と思い、応援する意味もこめて100株だけですが株を買っています。

結局、ポイントとはなにか?

私は長年、このポイントというものが自分の心の中で整理できませんでした。「ポイントってなんなの?」と。「ポイントつけるぐらいならもっとサービスを安く提供してくれればいいのに」とか、「そんなポイントとか発行しちゃってこの会社の経営に悪影響はないのかな」、とか「こんなにポイントをもらっちゃっていいのだろうか。そして遠慮なく使っていいのだろうか。」とか思っていました。

今は、次のように解釈しています。

そのポイントを発行している会社(例えば楽天、セブン&アイ、NTTドコモ、JR東日本、セレスなど)のサービスをよく利用してその会社の売上に貢献する「いいお客さん」になることによって、その会社に自分を「信用」してもらうことができる。ポイントとは自分に対する「信用」が形になったものなのではないか、と。

人と、その企業とのつながりの強さがポイントというお金のようなものになったのだと思っています。

会社としても、ポイントとはお客さんのそれまでの購買履歴のデータに裏付けられたサービスなので、それによって損することはないのだと思います。

というわけでこれからはポイントをなるべく集めて、自分や家族、そして困っている人のために活用したいと思っています。

私は単なる一個人ですが、普段の生活の中でなるべく多くの企業さんとのよいつながりを作って、ポイントという形にしてそれを自分や周りの人達のために使おう、と。

ちょっといい言葉で言えば絆みたいなものでしょうか。絆がポイントという擬似的な通貨になる時代なんですね。

私はまだ貯めてないポイントもあるので、(Tポイントなど)そういうものも積極的に貯めていこうと思います。

自分のお財布を傷めないで寄付をしたいと思っている方はモッピーに登録してポイントを貯めるのもいいと思います。
モッピー!お金がたまるポイントサイト