四季報の夏号が発売!

四季報の夏号が6月16日に発売されましたね!私は本屋さんで買うこともありますが、とりあえず今は証券会社のホームページを見て確認しています。便利ですよね。

紙の本はそれはそれでとても楽しめるんですけどね・・・。株主優待の一覧のページとか、業績アップしたところのページとか。気になる会社のところにマーカーを引いていっちゃったりして、夢が広がって楽しいです。それだけで週末は楽しめますね!

まあそれなりにお値段もしますんで、紙の本はなかなか毎回は買えないのですが。

それでは気になる銘柄の記述を確認しましょう。ネタバレになりすぎないように書きます。もっと知りたい方は四季報を買って読まれるといいと思います。まずは気になるフィンテック銘柄から。

メタップス、【急改善】の文字が躍る!

いいですねー、メタップス。私はこの銘柄で含み損を現在はけっこう抱えちゃっていますが、メタップスはきっと伸びてくると思っています。四季報の記述はかなりいいです。「堅調」とか「安定増」とかの文字も見えます。ふふ。これは期待できそうですね。

そして、みずほFGとの話もちゃんと載っています。決済・お財布アプリのことも。メタップスの開発したアプリが出たらスマホに入れるんだ。

そして安心の「継続前提の重要事象解消」の文字。そうそう、四季報に「継続前提の重要事象」が書かれているとなかなか一般投資家は買いにくいと思うんですよね。今回、その「解消」が書かれたのはとてもいいことだと思います。ありがとう、四季報さん!

リミックスポイント、【反発】の文字!

株価は急上昇していますが、業績への影響がどれくらいかはよくわからないリミックスポイント。恐る恐る見てみると、まあまあな記載でした。

ここは本業は中古車販売と電力事業なんですよね・・。本業はあまり好調ではないようですね。これからの期待は仮想通貨を扱う子会社のBITPointに変わりつつあります。この期待がやはり大きいです。これは私の私見ですが、新しい会社に生まれ変わりつつあるともいえますよね。民泊関連の子会社ジャービスもあります。

日本最大級のLCCであるPeach Aviation株式会社との提携の話も載っています。

ちなみに、2017/05/22のプレスリリースからこの提携の内容を書いておくと、

①Peachの航空券決済手段におけるBITPointのビットコイン決済サービスの導入、②Peachの利用客に対する独自の仮想通貨ウォレットの提供、③仮想通貨決済店舗の共同開拓、④仮想通貨ATMの設置及び運営、⑤その他、両社の事業の成長・発展に寄与する事項

となっています。これからビットコイン等が使える店舗やATMが増えると思うと、なんだかおもしろくなりそうです。その根幹となる技術、ブロックチェーンが世界をいよいよ変えていくのかもしれません。

四季報の記述とは関係ありませんが、ビットコインについても書いておきましょう。ビットコインは投機的な面ばかり注目されますが、送金の手数料がほとんどかからないし、インターネットでつながっていれば送金できるので寄付にとても便利なのです。少額決済に便利なのです。BITNATION という団体がシリアの難民に寄付するために使ったりしています。「シリアの難民に、ビットコインデビットカードを届けよう!」という取り組みもあるようです。こういう活動はいいと思います。

ビットコインは国が発行していない仮想通貨です。国が発行するドルや円などのお金には国の利害や政治、軍事力などがからんできます。そういうものに関係しないお金という意味でもある種の希望が持てる気がします。悪用されないことを祈ります。

フライトホールディングス、【特需凪ぐ】でも「非接触型の認定追加取得で商談依然豊富」!

こちらは私にとってもっと含み損の銘柄です。Apple Pay関連の特需が消えたのでこれからは長く塩漬けかと思っていますが、意外と希望が持てる内容が書かれています。

「非接触型の認定追加取得で商談依然豊富」、とのこと。おお!フライトと言えば非接触型のタブレット向けマルチ決済装置、「Incredist Premium」。カードをかざすだけで決済ができます。Apple Payもこの方式を採用したので、非接触型 IC によるクレジットカード決済が世界中で爆発的な広がりを見せているようなのです。その波に乗ってちょうだい。大型案件決まらないかな~。

あと、ロボットのPepper君の新製品についても書かれていますね。がんばれ、フライト!