リミックスポイント、-15.5%の1297円。どのあたりで落ち着くかな。

ビットコイン期待のリミックスポイント(東証マザーズ、3825)、下げましたね。かなり短期間でぐっと上げたので、下がるのはまあ、予想はできた訳ですが・・・。こういった動きが激しい銘柄は高値で買うのは危険ですね。私はフライトホールディングス(東証2部、3753)という銘柄で変動の激しい株の怖さを知りました。どんなにいい材料でもだいたい3倍くらい株価を上げたら、その後はもう買わない方がいいかな、と個人的には思っています。

私は幸運にも300円台で買えているので(たった300株ですが)買いも売りもせずじっとしています。今、利益確定のために売っておいた方がいいと判断される方もいるとは思います。ただ、私は長期投資型なので売りはしません。どうせ300株ですし。300円台まで戻るとはあまり思いませんが、たとえそうなっても悔いはありません。もしそうなったら買い増ししよう。

業績として結果が出るまでは乱高下するかもしれませんね。個人的には900円台や1000円台ぐらいで落ち着いてくれればいいなー、と思っています。

ところで、6月20日にモーニングスター社提供のニュースが出ていたのでそれを振り返ってみましょう。タイトルは「MSプレミアム=リミックス、仮想通貨ビジネスに自信―今期ビットコイン黒字化へ決済市場取り込む」です。

小田玄紀社長は18年3月期の仮想通貨ビジネスの収益化に対する自信あり。

ニュースを以下に引用します。気になるところを太字にしています。

「いま最も市場をにぎわせているといっても過言ではない銘柄が、「ビットコイン」に代表される仮想通貨事業で注目を集めるリミックスポイント<3825.T>だ。株価は昨年末の142円から、直近で13倍近い1820円まで暴騰した。果たして実態はどうか。株式新聞のインタビューに応じた同社の小田玄紀社長は18年3月期の仮想通貨ビジネスの収益化に対する自信を示す。

――ビットコインが株式市場で熱視線を浴びている。

「実際、ビットコインを中心とする仮想通貨の潜在成長力は大きく、これからの1年間に普及が加速すると考えている。いまは大半が投資目的だが、買い物時の決済通貨としての役割も本格化するだろう。まずは取引所ビジネスで先行したが、決済市場を取り込む用意もできている。日本では今年4月に改正資金決済法が施行され、仮想通貨が正式に利用できるようになった。いずれ決済手段の1-2割を占めるのではないか

――具体的には何をするのか。

「われわれが手掛けるのは、小売店がスマートフォンやタブレット端末を通じて客の仮想通貨の情報を読み込み、日本円に換金してレジに入金するシステムだ。初期費用、月額料の負担がなく、(リミックスの収入となる)手数料率も1%とクレジットカード(3%程度)と比べて低いため、店側の導入メリットは大きい。既に格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションと提携し、航空券購入時の決済サービスを始める。流通業向けにも展開を広げる。また、(ビットコインの次に取引規模の大きい仮想通貨の)イーサリアムも取り扱う」

――仮想通貨の取引所、さらには決済サービスで収益化を目指すということだが、競合リスクについてどう考えるか。

「改正資金決済法で義務化された仮想通貨交換業の登録にかかる期間を踏まえると、今年10月には証券会社などが相次いで仮想通貨取引に参入する可能性が高い。確かに競争は激化する。しかし一方で、業者は客の注文に応じてビットコインを調達する必要があり、先行しているわれわれの取引所は業者の需要に応じることができる。つまり、競合と同時に顧客も増えることになる」

「投資が先行した前期の仮想通貨事業(金融事業)は赤字となった。しかし、取引の問い合わせは驚くほど増えており、今期は黒字化するだろう全体売上(今期の連結売上高の計画は87億円、前期比56%増)に占める比率はまだ小さいが将来的には数億円では利かないレベルに大化けするはずだ

――当面の収益源はエネルギー関連事業(電力販売や省エネコンサル)になる。

「今期の同事業の売上高は、期ずれもあって伸び悩んだ前期(18億円)の倍以上に拡大する見通しだ。電力販売は、顧客の見積もり依頼に対する素早い対応が奏功し、市場開拓が加速している。中古車査定システムを提供する自動車関連事業も安定的に伸び、それらから得る収益を基に仮想通貨事業を飛躍させたい」

――株価に過熱感はないか。

「そのことに関してはコメントを控えるが、従来から時価総額1000億円を1つの目標としてきた。おかげさまで500億-600億円のレベルに到達し、現実味を帯びてきたのは事実だ」」

 

もうすでにテンバガーは達成しているわけですね。100円台から持ち続けていた人ってどれぐらいいるのかな。とりあえず「おめでとうございます。」と言いたいですね。

決済手段の1~2割を仮想通貨が占めるようになったらすごいな・・・。そうすると、今のうちにビットコイン買っといたほうがいいのかな?

手数料が1%と低く、クレジットカードより店側の負担が少ないのはいいですね。普及すると面白くなる気がします。

仮想通貨事業について、「将来的には数億円では利かないレベルに大化けするはずだ」とのコメント。うーん、期待が高まりますね。

株価が高かったから買い増しはしませんでしたが、小田社長、応援していますよ。

小田社長の本の広告を下に載せておきます。