リミックスポイント、子会社のビットポイントがNIPPON PAYと提携を発表!

ホントに話題に事欠かないですね、リミックスポイント!

今日はさすがに株価も下がるかと思いましたがこのリリースのおかげか上げてきました。

タイトルは

「BITPointの仮想通貨決済が「WeChatPay」「Alipay」「UnionPay」の決済サービスと連携

-仮想通貨の店舗決済サービスの全国展開加速、利用者の利便性向上-」

です。それでは中身を見てみましょう。

「株式会社リミックスポイント(証券コード:3825、本社:東京都目黒区東山1丁目5番4号、代表取締役社長:小田玄紀)(以下「当社」)の子会社である株式会社ビットポイントジャパン(以下「BITPoint」)は、中国三大決済サービスである「WeChatPay」「Alipay(支付宝)」「UnionPay(銀聯)」などの決済サービスを提供する株式会社NIPPON PAY(本社:東京都中央区、代表取締役:續 仁)(以下「NIPPON PAY」)と、仮想通貨決済サービスの展開について業務提携することを合意しましたので、以下のとおりお知らせいたします。
なお、本業務提携は、現時点において、NIPPON PAYと日本の仮想通貨交換業者との間の唯一の業務提携となります。・・(以下省略)・・」

ふむふむ、なるほど。

「WeChatPay」「Alipay(支付宝)」「UnionPay(銀聯)」は最近とてもよく聞きます。中国の方がよく使っている決済サービスですね。中国では日本よりずっとスマホ決済が普及しているとも聞きます。ATMが日本ほどはない分、スマホ決済が普及しているのだとか。

NIPPON PAYは私はよく知らないのでとりあえず調べてみましょう。

NIPPON PAYとは?

ホームページを見てみると、中国の方のインバウンド需要に強い会社のようです。「中国二大スマホ決済であるWeChatPayとAlipayの決済サービスをご提供」と書いてあります。

設立は2016年10月らしいので、できてからまだそれほど時間が経ってない会社のようですね。

最近は日本経済新聞に掲載されたようです。
また、内外食チェーンとしてワタミがスマホ決済サービス「NIPPON PAY」を初導入したとのことです。

今後さらにいろんなお店で使われていくのかもしれませんね。期待しましょう。