補助金獲得のニュースでサンバイオが+14%の1604円!

サンバイオ(東証マザーズ、証券コードは4592)の株主の皆さんにとっては昨日7月3日はいい日でしたね!14%も1日で上げるなんてまずないですからね!

こんなに有望そうな新薬SB623を開発しているのに株価は低いところをうろうろしていたので、その間に長期保有の株主さん以外は諦めて売ってしまった方が多かったのではないでしょうか。

サンバイオについて知りたい方は過去の記事

サンバイオのブリッジレポートをゆっくり読んでみた!

などをご覧ください。

私は「株探」というサイトをときどき見ていますがそこでも以下のようにニュースになっています。

「■サンバイオ <4592>  1,604円  +201 円 (+14.3%)  本日終値
サンバイオ<4592>が急騰。6月30日の取引終了後、米国で実施している再生細胞薬SB623の慢性期脳梗塞を対象としたフェーズ2b臨床試験に対して、カリフォルニア州再生医療機構(CIRM)から2000万ドルの補助金を獲得したと発表しており、業績上振れ期待の買いが入ったようだ。CIRMは、競争力の高い補助金プログラムなどを通して再生医療における研究開発の促進を目的に設立された州の公的組織。助成対象案件は、再生医療分野の専門家や神経疾患領域の医療機関などからなる独立審査チームによって評価・選定され、同試験は最高ランク「1」の評価で補助金を獲得したという。なお、業績への影響は現在精査中としている。」

うんうん、2000万ドル獲得という具体的な数字がいいですよね。株主さんにとってもボーナスのようなもんですね。私は売らないからあまり関係ないですが、長期の含み損が消えて、例え一時的だったとしても含み益になって嬉しいです。


今後の株価の動向は?

現時点で時価総額が大きいですから、さらに高値にはなりにくいかもしれませんね。期待が高い銘柄だからそこは仕方がないのでしょう。

この銘柄が長期で見て上がるかどうかは、臨床試験の結果にかかっていますから現時点で手放しで喜んではいけないのでしょう。会社は臨床試験の結果は2019年に出ると言ってますからそれまでじっくり待つのが大事かと思います。それまでの間にはまた値下がりすることもあるような気がしますね。

ただ、2000万ドルという具体的な金額が出ているのですぐには値下がりしないかもしれないなと思って私は先週金曜日のPTSで一枚買い増ししました。今はまだたった200株の株主ですが、今後2019年までの間に下がったらまた買い増ししようかと思います。

日頃の鬱憤を晴らす値動きではあるので、とりあえずは喜びたいです。

株の儲けはがまん料」とはよく言われる言葉ですが、サンバイオはこの言葉がよく似合うな、と思います。

それにお金のことは置いておいて、何よりこの薬が実用化されたらどんなに助かる人がいるだろう、と考えると、自分が損するリスクをとってもこのサンバイオという会社を応援したくなります。今まで治らなかった脳梗塞という病気が少しでも改善するかも、と思うと、希望の光が見えるような、そんな気がしますよね。

今は健康な人でもいつ病気になるかはわかりません。自分だって例外ではありません。新薬を世に出すために頑張っているサンバイオの皆さんを応援したいと思います。