インフォテリア、株主総会のブロックチェーンの実証実験が成功。

ブロックチェーン銘柄として期待されているインフォテリア。その株価は割高なものの、6月中旬からまた株価が上昇しています。私はたった100株の株主ですが、この会社にはとても期待しています。株主総会の議決権行使でそのブロックチェーン技術の実験がされたそうなので載せておきます。

6月27日のプレスリリースで

「上場企業の株主総会議決権行使におけるブロックチェーンの実証実験が成功

主催者でも改ざんできない公正性ダウンタイムゼロで24時間投票可能安価なシステム構築費用
などのブロックチェーン導入メリットを確認。実用化に向けて銀行APIなどとの連携を推進!」

と報告されています。では中身を見てみましょう。

「インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、同社の第19回定時株主総会〔2017年6月24日(土)13:30より開催〕を題材とした、議決権行使におけるブロックチェーンの実証実験が成功したことを発表します。この成功により、発行企業や信託銀行などの主催者でも改ざんできない公正性やシステム構築費用が安価であることなどブロックチェーンの有用性が実証されました

実証実験の概要

ブロックチェーンは、フィンテックの中核技術として金融業界における適用が注目されていますが、この実証実験ではあらゆる業界の「株式会社」にブロックチェーンが適用可能であることを示すものです。上場企業が実施する株主総会の議決権行使における実証実験は世界初となります。この実証実験では、希少性のあるトークン(デジタルアセット)を議決権として使用することにより、株主総会主催者であるインフォテリアですらデータ改ざんができない公正で透明性の高い投票システムの実現を証明しました。」

ふむふむ。透明性が高く、改ざん不可能なシステムであるブロックチェーン。しかも安価。これを機会に広まってほしいです。ブロックチェーン自体はビットコインの基盤技術として作られたものですが、仮想通貨だけでなくこんなに有用な使い道があるということですね。

ブロックチェーンの「mijin」、テックビューロ、インフォテリアに注目!

使用されたブロックチェーンは「mijin」です。インフォテリアといえばmijin。mijinはテックビューロ株式会社が提供するサービスで、インフォテリアとテックビューロは業務提携をしています。テックビューロ株式会社はビットコイン取引所Zaifも運営していますね。

mijinは、「クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築できるプラットフォーム。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能なセキュリティ環境が構築できる他、実質ゼロダウンタイムを実現する。金融機関から電子マネー、ポイント、オンラインゲーム、ロジスティクスまで、幅広く利用できる。」と解説されています。

mijinの名は、忍者の武器である「微塵」に由来しているそうですよ。これからのインフォテリア、テックビューロの動きに注目しています。