メタップスの佐藤社長は経営能力もあるけど、一番すごいところは他にある!

私は自分の保有銘柄の中では、メタップス(東証マザーズ,証券コードは6172)に最も多くのお金を投資しています。ま、元々お金があまりなかったので持っているのは400株だけなんですけどね。それでも平均取得単価が3535円なので、普通の勤め人の私にとっては結構な大金を投資しているわけです。

半年以上含み損に苦しみましたが、佐藤社長のブログやツイッターを読んで以来、「この人なら日本の経済を変えられるかもしれない。メタップスは貧困に苦しむ人の助けとなるかもしれない。」と思い、100株たりとも売ることなく、今日まで持ち続けています。メタップスのためなら損してもかまわない。それぐらいの気持ちでした。

そしてとうとう、今週の火曜日に含み益に転じました。うんうん、佐藤社長を信じていてよかった。

やはり、株をやる上で一番重要なのは、経営者の人間性や能力を見極めることなんだな。有能な経営者が経営する会社の株価は、時間がかかってもいずれ伸びてくる。そう感じさせてくれたメタップスなのでした。

人々への思いやりもあり、かつ利益を上げる能力がある経営者の提案するサービスや製品は、社会に受け入れられて確実に業績を伸ばしてくる。」

このことは私が株をやる上での信念であり、また、そうあってほしい、という願望でもあります。そうでなかったら株なんてやめてやる。

そう、私がメタップスを好きな理由、それはひとえに佐藤社長の考え方です。

火曜日に姿を現した、今年の秋開始予定のメタップスの新サービス、「タイムバンク」。それにまつわる佐藤社長のブログを読んでいきましょう。

「経済は選べるようになるか?個人が主役の『時間経済』の試み」というタイトルの佐藤社長のブログ。

以下、引用文です。

「①個人が主役の経済

インターネットが誕生してこれまで大企業がやってきた業務を個人が代替できるようになりました。作家にならなくてもブログで自分の文章を公開できて、歌手にならなくてもYouTubeで自分の曲を配信し、お店を持たなくてもネットで物が売れて、会社に勤めなくてもクラウドソーシングなどで仕事を受けることができる。

ただ、個人が企業と同じように稼げているかといったらそんなことは全くなく、ネット上だけで生計を立てられているのはほんのわずかです。大抵の人にとっては副業の小遣い稼ぎの手段に過ぎません。ネットが普及して個人の時代と言われて10年以上経ち、実際にトラフィックは個人に紐付いてますが、経済活動においては大半が企業に依存しています。

では、個人が企業に比べて何が足りないか? 現状の経済の中で、個人と企業の大きな違いは「資産」だと思いました。個人が「収入」を得る手段は増えましたが、個人が「資産」を得る手段がない限りは、個人は経済の主役にはなれないと思っています。

企業は日々の活動の中で様々な資産を積み上げていき、株式などの資産にレバレッジをかけて生産活動を拡大していくことができます。企業の安定性は「収入」以上に「資産」にかかっていることは経営者であればよく理解していると思います。資産という点では企業に比べて個人は圧倒的に不利です。

個人が企業と同じようにその専門性や影響力や信用力をもとに生きていくためには、毎日の「収入」を稼ぎながらも、日々の活動から「資産」を築き上げていくことが不可欠です。会社にとっての株式と同じように、個人にとっての「時間」を実質的な資産として機能させることができれば、個人も会社と同じように自分の価値にレバレッジをかけて経済活動を展開することができるようになります。

株式における配当収入や不動産所有者の家賃収入のように、もし最終的に時間を資産として持つ者がそこから定期収入を得ることができるようになれば、働かなくても生きていける人が増えるかもしれません。」

 

・・・、以上、佐藤社長のブログの一部抜粋でした。

どうです!?この文章!

かつてこんなことを考える上場企業の経営者がいただろうか!?

特に私がすごいと思ったのは、「毎日の収入を稼ぎながらも、日々の活動から「資産」を築き上げていくことが不可欠です。」のところと、「株式における配当収入や不動産所有者の家賃収入のように、もし最終的に時間を資産として持つ者がそこから定期収入を得ることができるようになれば、働かなくても生きていける人が増えるかもしれません。」のところ。

例えば、貧しい家庭に育って学歴もなく、いい職業にありつけなかった人は、貧困からなかなか抜け出せないでしょう。離婚してシングルマザーになった女性なども多くが貧しさに苦しんでいます。この、一見、まだ豊かに見える日本でも貧困に苦しむ人がなんと多いことか。

でも、たいていの人は「時間」は持っています。「この先の長い人生、こんなに貧乏でどうやって生きていったらいいんだろう」、と苦しみの種ですらあった「時間」。

その「時間」を資産として持ち、定期収入を得ることができるようになれば、貧困から助かる人がいるのではないか

もちろんそうなるためには自分自身の得意なことを見つけて、その価値を高めていかなくてはいけませんけどね。

佐藤社長の真意、「経済を選べる時代」

先ほどの佐藤社長のブログの続きの抜粋です。

「つまり、私たちがどんな職業につき、誰と結婚して、どんな宗教を信じ、どんな政治思想を持つのも個人の自由であるのと同様に、何に価値を感じて、どんな資産を蓄え、どんな経済システムの中で生きていくのかも自分で選んで自分で決めれるようになっていく。私たちはその過程にあるのだと思っています。

そこでは優劣を決めようとしたり自分の基準を他人に押し付ける必要は全くなく、ただ個人が自分に最も適した経済を選んでいくという「選択」があるだけです。」

すごい。すごいよ、これ。

なんかうまく言えないけど、これが実現したらこの世界が理想郷のようになるんじゃない?

特に私が感動したポイントは

「そこでは優劣を決めようとしたり自分の基準を他人に押し付ける必要は全くなく、ただ個人が自分に最も適した経済を選んでいくという「選択」があるだけです。」

のところ。

私達はいつも、自分と違う考えの人を拒絶したり批判したりしがちです。でも、いろんな考えの人がいるからこそ、この世界は面白くなるし発展していくんですよね。一番大事なことは、気が合わない人や好きになれない人がいても、否定したり拒絶したり蔑んだりしないことだと思います。

人を傷つける発言や行動をしない、ただそれだけでずっと、この社会は良くなるんだと私は思います。

だから、その人の行動が他の人々の迷惑にならない限り、その人はその人のやりたいことを追求するべきなんです。そして経済システムも、その人に合った、最もふさわしいシステムを選択できるようになったら、みんな自分の本当のやりたいことを追求するという「仕事」をしながら、収入を得て「生活」もしていけるようになる

メタップスの「タイムバンク」のサービスは、例えば、

野菜作りがすごく好きで得意な人がいるとします。その人がTwitterやFacebookで情報発信をして、その人の記事のファンが増えるとします。そうしたら、その人がメタップスの「タイムバンク」で自分の時間を売れば、それに買い手がついて収入に結びつく。買った人はその人のお話を聞く、などという方法で楽しんでその「時間」を使うことができる。さらにその人の「時間」は株のように取引できるから、見込みのありそうな人の「時間」を早めに買っておいて、その人の「時間」の単価が上がってきたらそれを売れば値上がり益も得られる。そういうことですよね。

つまり、みんな「好き」なことや「得意」なことにせっせと励めば、その人の作り出す世界観の中でその人の「時間」自体が資産になり、そこから収入を上げることができるんですよ!

うわ、普及してほしいな、このサービス。そうしたら一つのことにコツコツと励むタイプの人が報われるようになると思うんですよね。そして自分の持つ技術や知識を他の人にも与えてあげよう、というサービス精神がある人こそ、利益を上げられるようになる。

そして会社に所属せずに生活していくことができるようになったら、ブラック企業で精神的に追い詰められる人もいなくなるかもしれない。「自分」というブランドがお金になるのだとしたら、何も会社なんかにすがりつく必要がないですもんね。

今までは、いい大学に進学する→名の知れた一流企業に就職する→会社で高収入を得て定年まで過ごす、という人達がもてはやされる時代だったけれど、きっとこれからは変わってくる。

「名の知れた一流企業に就職する」のがかっこいい時代は終わって、「『自分』というかっこいいブランドを立ち上げてそれで食べていく」。それが一番かっこいい、そういう時代になるんじゃないかな。

その人が自分自身に最もふさわしい生き方を生きていく。そのことが収入になる。みんな、好きなことなら頑張れるしそんなに苦痛に感じない。

今まではそんな生き方をできるのは一部の芸能人やアスリート等の有名人に限られていたけれど、これからはそれが一般の人もできるようになるんだ。そう信じたい。

佐藤社長の最もすごいところは、その経営手腕というよりも、普通の人々が楽に生きられる手助けをしてくれるという、「普通の人々への思いやり」だと私は思うのでした。

メタップスの関連記事はこちら。

メタップス、株価は+9.9%の3660円!タイムバンクがついにその姿を現す!これから大化けか?

メタップス社長のコメントをもう一度読んでみた。

メタップス、売上高100億突破!黒字化!日本経済を救ってくれ!

メタップス、反撃開始か?+3.73%の株価上昇!社長のツイッターも仮想通貨の分析もおもしろい!

四季報発売!メタップス、リミックスポイント、フライトホールディングスの記述を確認!

保有するフィンテック銘柄の株価を振り返る。リミックスポイント、メタップス、フライトホールディングス。

評価されるメタップスの資金調達手法!その仕組みとは!?

メタップス佐藤航陽社長がテレビ出演!その内容とは!?

メタップスが開発中の新製品「Timebank」、初秋にサービスを公開予定!

メタップスは第2のグーグルになる?米国のベンチャーキャピタルが注目!

メタップス社長のブログが更新!持続的に発展する経済システムとは?

メタップス社長はなぜ個人的に宇宙に投資するのか

メタップス子会社が米企業と業務提携!

今後10年間で大化けが期待される銘柄を独断と偏見で選んでみた。(その1 人工知能銘柄 メタップスとジグソー)

「継続前提に重要事象」解消のメタップス(6172)、PTSは+308円(+10%)!今後の株価は?業績から予想してみる。

祝!メタップス(6172)「継続企業の前提に関する重要事象等」記載解消!

すごい!メタップス(6172)がみずほと決済ウォレットアプリの新会社設立!

メタップス子会社のVSbias、サービス開始から半年で8億円!

メタップス社長の「未来に先回りする思考法」がすごい。

保有銘柄の社会貢献活動を整理するー日本の社会を変えてくれそうな企業、メタップス

メタップス社長のツイートから調べてみるーシンギュラリティについて。

メタップス社長のツイートがすごい。

メタップス社長のブログがすごい。

メタップスは融資領域を変える!?ソーシャルメディアを活用した与信モデルを構築!

メタップスは産業構造を変えられるか

佐藤社長の本の広告を載せておきます。この「世界で突き抜ける」という本は今の日本が抱える課題などをわかりやすく解説してくれています。メタップス社長の佐藤航陽さんと経営顧問を務める竹中平蔵さんとの会話がとてもおもしろいです。