ジグソーから平成 29 年 12 月期第2四半期連結業績の見通しが出た!

IoT期待のジグソー(東証マザーズ、証券コードは3914)。最近の株価は調子が良かったのに今日は-270 (-4.07%)の6360円。私はちょっと含み益になっていたのに今日一日で含み損に戻りました。あーあ。

と、思っていたら「平成 29 年 12 月期第2四半期連結業績の見通しについて」というIRが出ていました。取引時間終了後に出たようですが、今日の下げはこれを見越して下げていたのかな?

親会社株主に帰属する四半期純利益は対前年同四半期比で215.7% !しかし売上高の伸びは140.4% 。

対前年同四半期で見ると、

売上高の伸びは140.4% の6億4000万円。

営業利益の伸びは180.2%  の1億7400万円。

経常利益の伸びは190.1%  の1億7700万円。

親会社株主に帰属する四半期純利益は215.7% の1億3000万円。

この数字だけ見るととても好調にも思えるのですが、ジグソーは「指数関数的成長」をうたっている企業ですから、市場の反応はあまり良くない印象です。夜間取引(私はSBI証券を使っているのでPTSの値を見られます)は今日の昼間の終値より現在(22時30分)はさらに下がって-110 (-1.73%) 6250円です。

うーん、これは明日はさらに売られるのかな。でも去年の春から夏にかけての悪夢のようなチャートを知っているジグソーホルダーさんはそんな小さなこと気にしないかもしれませんが・・・。

やっぱり売上高がもっと伸びてくれるといいんだけどな・・・。いい材料や話はありそうだから、それが業績に反映されるまでもう少しかかるのかもしれません。普通に考えれば「親会社株主に帰属する四半期純利益」が対前年同四半期比で215.7%、ということは結構いい数字だとは思いますし、そんなに心配することはないのかも。

一時的には売られるかもしれませんがとりあえず我慢しましょう。

個人的には視覚再生プロジェクト、「NEW.VISION」に期待!

個人的には、ジグソーが「特許査定」を受領した、ソフトウェアによる視覚再生プロジェクトの「色信号制御アルゴリズムによるプリズムグラス」の「NEW.VISION」に期待しています。これが実現すれば難病で治療方法がなく、今まで目が見えなかった人が見えるようになるんじゃないか、という期待があります。

今はまだ、疑っている人がとても多いとは思いますが、近いうちにこういう、機械が人間の身体に一部取り込まれるような医療技術が実際に進歩して取り入れられてくるんじゃないかな、と私は思っています。