BITPOINT香港が8月7日から始まった!

期待どおり、ビットポイント香港が始まりました。良かったです・・・。ちなみにビットポイントはリミックスポイント(東証二部、証券コードは3825)の子会社で、ビットコインなどの仮想通貨取引所を運営しています。

ビットポイント香港については6月下旬にリミックスポイントからIRが出ていました。

詳しくは過去の記事、

リミックスポイント、またストップ高!

をご覧ください。ホワイトラベルでの提供ということでした。ホワイトラベル提供とは取引所のフォーマットをBITPointが提供する、というものです。

それでは今回のニュースを見てみましょう。

「BITPoint香港が8月7日より正式にサービスを開始 -日本基準の仮想通貨取引システムで香港の仮想通貨市場を活性化

株式会社リミックスポイント(証券コード:3825、本社:東京都目黒区東山1丁目5番4号KDX中目黒ビル、代表取締役 小田玄紀)の子会社である株式会社ビットポイントジャパン(以下「BITPoint」)は、香港で金融機関向けマーケティング受託及びカスタマーサポート受託等の事業を営む「豐智會計及顧問有限公司」と設立した合弁会社を通じ、Bit Point Globalの商号で2017年8月7日から、お客様に向けて正式にサービスを開始しましたのでお知らせいたします。

このたび、Bit Point Global は、ビットコインの8月1日の分岐問題を経て、2017年8月7日より、正式にお客様向けのサービスを開始いたしました。(以後省略)」

以上、引用しました。

これからビットポイントはどんどんアジア展開していくよ!

取引画面の絵も出ていました。ホワイトラベルの提供とあって、画面はビットポイントの取引画面とよく似ています。

ビットポイントの取引画面はわかりやすくて私は好きですね。あまり今っぽくはない気もしますが。

リミックスポイントは、この香港への展開だけでなく、台湾、中国本土への展開、韓国企業との提携も発表しています。ビットコインを一番多く持っているのは中国の方ですから、今後の売上高の伸びが期待されます。

頑張ってほしいですね、ビットポイントグローバル、リミックスポイント!私は300円台で買った300株をホールドし続けます!300株って少ないけどね!

それにしてもビットコインはどんどん値上がりしてますね。もっと買っておけばよかった。ビットポイントもきっとビットコイン自体を保有しているでしょうから資産は増えてるんじゃないかな?知らないけど。

リミックスポイントとビットポイントの社長である小田玄紀さんの本を紹介しておきます。