最近注目を集めるICOってなに?

ツイッターで話題のICO。なんとなく儲かりそうな気がする、気になるけどよくわからないという方は多いのではないでしょうか。

ICOとは、ベンチャー企業などが仮想通貨を発行して資金を調達する手法のことです。

新規仮想通貨公開の英語、「イニシャル・コイン・オファリング」の頭文字をとってICOと言われています。最近出てきた、企業の新しい資金の調達方法です。

ベンチャー企業などが仮想通貨を発行して、その仮想通貨を欲しい投資家は仮想通貨やトークン(代替通貨)を購入する見返りに資金を供給します。

ICOは知らなくても株をやる人はIPOなら知っているかもしれません。IPOとICOは異なるものですが、ちょっと似たところもあるのでIPOのお話をしてからICOとの違いに触れたいと思います。

IPOとICOの共通点は?違いは?

IPOはイニシャル・パブリック・オファリングの略で、日本語に直すと「新規公開株」とか、「新規上場株式」となります。具体的には、株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいます。

IPOの場合、参加したい投資家は新規上場するときに投資家に配られる“株を買う権利”を抽選で手に入れます。

上場されたら上がりそうな株、というのはインターネットで情報を集めればかなりの高確率でわかります。なので、そのような有望な株には多くの投資家からの申し込みが殺到します。

運良く有望なIPO株の抽選に当たった投資家さんは、極端に言えば上場日のはじめに付く株価(初値〔はつね〕)で株を売るだけで利益を出すこともできます。

上場すれば株価が上がることがほぼ確実な有望株の場合、「上場する前に株を手に入れておけば、かなりの高確率で利益を出すことができる」おいしい投資方法と言われています。

ただ、IPOはなかなか抽選に当たらないので参加できる機会がとても少ないんですよね。私も過去にかなり多くのIPOに申し込みましたが、抽選に当たったのは「LINE」のIPOだけでした。(でもそれでも利益はおいしくいただくことができました。)

IPOの場合は「SBI証券」や「みずほ証券」などの大手証券会社が「幹事」となり新規公開株を売り出します。

上場前に有望な株を手に入れられる権利が欲しかったら、まずそれらの証券会社に口座を開かなければいけません。IPOの抽選目当てにたくさんの証券会社に口座を開く人もいるぐらいです。

しかし、ICOは新規公開株の場合の証券会社のような幹事はいません。

また、IPOでは投資家は株を買いますが、ICOでは投資家は仮想通貨を買います。株ほど厳密なルールが決まってないところもあります。

ICOってそんなに広まっているの?

ICOは今急速に広まっています。将来IPOに代わる手法になるのでは、とも言われています。

海外では今年だけで14億ドルのICOが実施されたそうです。

株は国ごとに規制が異なりますが、インターネット上で実施するICOは国境を越えて内外の投資家から資金を集めることができます。そのため、新興企業を中心に期待が高まっています。

ICOには詐欺が多い

しかし問題点として、ICOには詐欺まがいのものがたくさんあります。期待して買ったら公開しなかったとか、そういうのもあります。きちんと確認して参加しないと大事なお金を失うことになります。

ICOブームに便乗した犯罪が国内外で相次いでおり、流動性がないコイン(つまり、一度買ったら売れないコイン。実質使えないので価値のないものになります。)を消費者がつかまされる詐欺事件なども相次いでいるそうです。日本でも情報開示や投資家保護などのルール作りが今後の課題となっていました。

信頼できるICOって?

そのような問題を背景に設立されたのが、テックビューロ株式会社という会社を中心として設立されたICO協議会です。テックビューロ株式会社は仮想通貨取引所のZaifを運営していて信頼も実績もあります。

ICO協議会のメンバーには金融関係のビジネスで東京証券取引所に株式を上場している会社の社長さんなど、実績のあるすごい方達が集まっています。東海東京証券の部長さんや三菱UFJ信託銀行の副部長さんもいます。日本でもっとも進んでいる知見を持ち、信頼できる人達と考えていいでしょう。

テックビューロによってこのICO協議会とともに作られたのが「COMSA」プロジェクトです。

テックビューロ株式会社は自社のICOを実施すると共に、ブロックチェーン(仮想通貨の基盤技術となるものです。)の技術の導入に意欲的な他社に対してもICO関連ソリューションを「COMSA(コムサ)プロジェクト」として提案する、と発表しています。

ちよっと難しいですが、つまり、

テックビューロはこの「COMSA」を通じて自社の仮想通貨を新規公開します。このとき、かなりの資金がテックビューロに入ってくると思われます。

さらに、他の会社が仮想通貨を公開したいというときはこの「COMSA」プロジェクトを通して無事に公開できるようにする、というわけです。おそらく仮想通貨を公開するだけの意味がある会社かどうかは考えられた上で行われるものと思われます。

既にベンチャーキャピタルがCOMSAに出資を表明している

ベンチャーキャピタルについては、株、特にIPOをやってる人なら知っているかもしれません。ベンチャーキャピタルとは、未上場企業に出資し、証券取引所に株式を上場させて(つまり株式公開、IPOのこと)市場から集められたお金の一部を投資リターン(つまり、ベンチャーキャピタルにとっての利益)として得てきた会社です。

そのベンチャーキャピタルの3社が、COMSAへの出資を表明しています。つまり、COMSAはそれだけ大きなビジネスチャンスであるととらえられているわけです。ICOへの投資総額は計20億~30億円になる見通しです。

3社とはディー・エヌ・エー(DeNA)などの新興企業を発掘したことなどで知られる日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP、東京・世田谷)、IoT(モノのインターネット)分野に強いABBALab(東京・港)と金融情報会社のフィスコという会社です。

つまりこれらの会社は、新しい仮想通貨の公開前にその通貨を買っておけば、公開された後はおそらく値上がりするから自分達の資産が増やせる、と考えているわけです。

この3社がICOへの参加を表明したことで、いよいよ資金調達の手法がIPOからICOに代わっていくのではないか、金融業界に大きな革命が起こるのではないか、と考えられています。

テックビューロの朝山貴生代表はツイッターで「日本で、VC(ベンチャーキャピタルのこと)が仮想通貨やICOトークンに直接投資するのは当然初のこととなります。これからもCOMSAをよろしくお願いいたします。」とコメントしています。

ところで普通の人は儲かるの?個人もCOMSAのICOに参加できるの?

もちろん投資ですから、必ず儲かるとは限りません。仮想通貨の価値が低くなったら損する可能性もあります。けれどもかなりの期待が寄せられていることも事実です。私は期待できると思っています。

資金の少ない個人も、今年の秋に行われるCOMSAのICOである「公開トークンセール」と呼ばれるものに参加することができます。

「プレセール」は10万ドルの資金が必要ですが、普通の人はそこまで投資できないですよね。でも大丈夫、10月2日からの公開トークンセールでは少額からの投資ができるそうです。

ツイッターでCOMSAが

「プレセールは最低10万ドル相当からとなりますが、10月2日からの公開トークンセールには少額からも参加可能です。」

とつぶやいていました。

公開トークンセールにどうやって参加するの?

参加するためには事前登録(無料)が必要です。まだの人で興味がある人は下からCOMSAの事前登録画面に行けますので見てみてください。

メールアドレスとパスワードで簡単に登録できます。私も登録してみました。

また、登録すると紹介コードというものがもらえて、他の人を紹介することが可能になります。全発行総量のうち5%が配分される紹介プログラム(リファーラルプログラム)があるそうです。

ここから登録して紹介コードを入手した後、あなたのブログやツイッターなどでお知らせして誰かを紹介できれば、紹介報酬を得ることができますよ!もらえるのは仮想通貨の全発行数量が決まる秋以降になりますけどね。気になる人は見てみてください。

 また、COMSAに投資したい人はCOMSAが出しているホワイトペーパーをよく読んでおくといいと思います。詳細な説明が書いてあります。

ホワイトペーパーについて書いてある私の過去の記事、

仮想通貨を使う資金調達用のICOプラットフォーム、『COMSA』をテックビューロが発表した!

も参考にしてみてください。

仮想通貨を買ったことのない人はビットコインの取引に慣れておくといいと思います。

仮想通貨を一度も買ったことがない人がいきなり仮想通貨の公開トークンセール(ICO)に参加するのはちょっと抵抗があると思います。まずは少額のビットコインを買ってみるなどして経験を積んでおくといいかもしれません。

ビットコインは今は1BTC(ビットコイン)が38万円ぐらいしますが、テックビューロの運営する仮想通貨取引所Zaifでは0.1BTCからでも、0.01BTCからでも、0.001BTCからでも買えますので小銭程度のBTCを買ってみることもできます。Zaifに口座を開設して売買に慣れておくといいと思います。

特に難しいことはありませんし、口座を開いても怪しい勧誘の電話がかかってくることもありません。

私もZaifに口座を開いていますが、何も困ったことはなく、楽しくビットコインの取引ができています。

ビットコインは今や世界中で使われていますし、投資先としてもいいと私は思っています。ビットコインはスマホがあれば簡単に買えますし、ビットコインで何かを買うときの決済の手数料もクレジットカードよりお得ですので世界中で広まっています。

日本もビックカメラや丸井の一部店舗でビットコインを使ったお買い物ができるようになりました。コンビニでビットコインが使えるようになるよう、大手の取引所が話を進めている、ということも聞いています。

そうなれば、今はビットコインをあまり持っていない日本人も買い始めるでしょう。今後さらに広まっていくと思います。

ビットコインは価格の変動が激しいことがデメリットなのですが、ビットコインを使う人が今後増えていくことを考えると、長期的には今より価格は上昇すると思っています。

ですから私は資産を増やす目的でビットコインを買っています。仮想通貨取引所ではもちろんビットコインを売ることもできますが、私は一回も売ったことはありません。ひたすら買っています。

Zaifに興味を持たれた方は、下のリンクからどうぞ。

 

ビットコイン・モナコインのことなら仮想通貨取引所・販売所Zaif