インフォテリアが素晴らしい決算を発表しました!営業利益がプラス633%!

ブロックチェーン仮想通貨関連でこの頃人気のインフォテリア(東証マザーズ、証券コードは3853)。インフォテリアはビットコインなどの仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンの普及と啓発に熱心な会社です。詳しくは過去の記事、

インフォテリアが始める、ブロックチェーン・業務適用コンサルティングサービスとは?

仮想通貨で資金を調達するICOという手法が広まる!インフォテリアが出資するテックビューロ、ICOの支援サービスを始める!自らもICOを実施!

インフォテリアのブロックチェーン技術がロンドンのイベントで優勝した!

をご覧ください。

インフォテリアは8月10日木曜日の13時に第一四半期の決算が発表されました。金曜日がお休みだったので3連休前でした。

事前の社長さんのコメントなどから、決算はいいとは予想されていましたし、ツイッターでもその情報は流れていました。

しかし、その予想を上回る、素晴らしい決算でした!株価は+145円(+12.44%)の1311円になりました!インフォテリアのホルダーの皆様、一緒に祝いましょう。実は私は資金がそんなにないので100株しか持っていないのですが・・・。

2018年3月期第一四半期の決算、経常利益が1億5100万円。前年度の同期は2200万円ですから、大健闘したと言えるでしょう。+590.4%です!そして営業利益は1億6100万円、前年度の同期比で+633.4%です。

一方、売上高は前年同期比で7億6000万円、前年同期比で+111.2%です。

おや?営業利益、経常利益が600%ぐらい増えているのに売上高は+111%なんですね。倍以上増えているからすごいわけなんですが、これでどうして営業利益と経常利益は約+600%も増えているのでしょうか。

それでは発表された第1四半期決算短信の内容を詳しく見てみましょう。

第1四半期決算短信を詳しく読んでみる。

製品/サービス別の売上状況が書いてありました。

「ASTERIA」は前年同期比で118.0%、

「Handbook」は前年同期比で112.7%、

「その他」は前年同期が783万3千円だったのに対し、3億4752万8千円・・・!

「その他」の説明を読んでみると、

デザインサービスは、2017年4月から開始したサービスで、顧客企業のブランディング戦略のコンサルティング、ウェブやモバイル アプリのデザインに関するコンサルティング、開発支援を提供するサービスです。今回、「その他」の売上を大きく増加させた要因となっています。

ふむふむ。「デザインサービス」が効いているわけですね。コンサルティング業務が大きく伸びたようです。

売上区分別の経営成績の分析も書いてありました。

「ライセンス」は前年同期比で122.1%、

「サポート」は前年同期比で111.5%、

「サービス」は前年同期比で625.2%・・・!

ここでも当然ながら「サービス」の経営成績が急激に伸びたのがわかりますね。

説明を読むと

「「デザインサービス」は、This Place社の買収の結果、2017年4月から提供を開始したサービスで、顧客企業のブランディング戦略のコンサルティング、ウェブやモバイルアプリのデザインに関するコンサルティング、開発支援を提供するサービスです。当第1四半期においては、欧州大手のスーパーマーケットチェーン企業や、米国大手携帯キャリア企業へサービスを提供いたしました。」

へええ。どうやら、This Place 社の買収が効いているようです。英国の企業を買収したのは知っていましたが、そんなにデキる会社だったとは!平野社長、いい会社を見抜く目をお持ちなんですね!

テックビューロへの追加出資も発表!!

さて、今話題のブロックチェーン・仮想通貨関連企業のテックビューロ株式会社というのがあります。ここはビットコインなどの仮想通貨取引所「Zaif」を運営しています。

また、それだけでなく、ブロックチェーン技術を基盤として、独自のデジタルトークン(仮想通貨をイメージしてください)を発行・販売する仕組みである「ICO」についてのサービスを行う、「COMSA」プロジェクトを発表したことでとても話題になっています。ツイッターでもその話題がとても多いです。

インフォテリアはこのテックビューロと前からつながりがあったのですが、8月10日木曜日にさらにテックビューロに追加出資することを発表しています。テックビューロは今年の秋から始まる「COMSA」プロジェクトで資金を獲得すると思われるので、これはいい話です。

「COMSA」については、

今話題のICOとはなに?儲かるの?仮想通貨の「COMSA」とはなに?

をご覧ください。

今後のインフォテリアの株価はどうなる?

とても良い決算内容と、ブロックチェーン、仮想通貨がらみでいい在住ばかりのインフォテリアです。きっと株価も上がる、と言いたいところですが、なかなかその通りにならないのが株の世界ですよね。

インフォテリアの株価は高かったときは1600円まで上昇していましたから、高値で買って売れずにいる人がけっこういると思われます。

まずはそういう人達が、待ちくたびれた、という感じで売ってくるかもしれません。

売りたい人が売ってしまったら、後は期待ばかりなので株価もさらに上がるかもしれませんね。

ちなみに夜間取引(PTS)は?

私はSBI証券を使っているのでPTSの値動きもわかります。

PTSは少し売られて、10日の夜の終値は1295円でした。