メタップスの子会社、メタップスプラスとテックビューロがパートナーシップを締結!

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロと、タイムバンクなどを運営するフィンテック銘柄のメタップス(東証マザーズ、証券コードは6172)がいよいよつながってきましたね!

メタップスの佐藤社長とテックビューロ代表の朝山氏とはつながりがあるのでこの展開は個人的にとても期待していました。

今回はあくまでメタップスの子会社、メタップスプラスとテックビューロのパートナーシップの締結ということなのですが、嬉しい展開です。

メタップスからの正式なIRは現時点でまだないですが、ECONOTIMESの記事

Japan’s Tech Bureau and Metaps Plus enter Global Strategic Partnership to bring advanced blockchain technology across Japan and Korea

について、ツイッターで佐藤社長が

「Thanks」

とつぶやいています。

(英語しゃべれる人の英語のつぶやきってなんかかっこいいな・・・。)

これでメタップスも仮想通貨銘柄として大きく期待されるのではないかと思います。

メタップスプラスのプラスコインZaifで、

COMSAがメタップスプラスのコインルーム

取引できるようになるんですね。

コインルームは2017年11月11日に開設予定の韓国のメタップスプラスの仮想通貨取引所です。

COMSAはかなり人気ですからコインルームでそれを売買できるとなると、コインルームにそれなりに手数料の利益が入ってくることになると思います。

COMSAについては下の過去記事をご覧ください。
COMSA、プレセールで43億円、初日で約50億円を集める!関連銘柄の株価は急騰中!

また、プラスコインは韓国の経済に根付く仮想通貨になると期待されています。

仮想通貨のプラスコインと仮想通貨取引所のコインルームについては下の過去記事をご覧ください。

メタップス子会社が韓国で仮想通貨プラスコインを発行するよ!仮想通貨取引所も開く!仮想通貨銘柄、ICOに興味ある人必見!PTSは急上昇だ!
プラスコインが日本のZaifで取引できるようになるということは・・・。日本でも何らかの形で使えるようにするのかな?それとも値上がりを期待して日本人がプラスコインを買うことを期待しているのかな?

 

メタップスの株価は上昇。4日は170円高の3750円。

このニュースのためか、10月4日のメタップスの株価は4%以上の上昇で3750円で取引を終えてます。

メタップスの株は本当に変動が激しいので今後はどうなるかわかりませんがとりあえず今日のところは喜ぼう。

 

メタップスの佐藤社長の本の広告を載せておきます。メタップスに興味がある人やメタップスの株主さんは読んでおいて損はないと思います。
メタップスに興味がない人でも、この先、どう世界が変わっていくのか考えることが楽しみになる本だと思います。
私は楽天KOBOの電子書籍版を買いましたが、紙の本もあります。