メタップスが20日金曜日の22時に決算発表!PTSは大暴落!

決算発表が10月16日予定だったのに20日に延期されていたメタップス。20日金曜日の22時に決算発表が出てきました。(私は待ちくたびれて眠ってしまっていました。)

ん、PTS大暴落ですね!ストップ安の3500円まで落ちましたね。でも買ってくれた人もいたようです。

さて、決算の内容はそんなに悪かったのか?見てみましょう。

上場以来初めてとなる通期の営業利益の黒字化を達成!

以下、抜粋です。

「このような状況の中、当連結会計年度は、アプリ収益化プラットフォーム“metaps”を主力としたマーケティング関連サービスにおいて、グローバルでの売上が継続して好調であった他、決済プラットフォーム“SPIKE”をはじめとするファイナンス関連サービスが堅調に拡大したことが寄与し、上場以来初めてとなる通期の営業利益の黒字化を達成いたしました。
この結果、当連結会計年度の業績は、売上高13,572百万円(前年同期比53.9%増)営業利益251百万円(前連結会計年度は△333百万円)、税引前利益278百万円(前連結会計年度は△571百万円)、当期利益264百万円(前連結会計年度は△668百万円)、親会社の所有者に帰属する当期利益260百万円(前連結会計年度は△718百万円)となりました。」

・・・うん、黒字ですね!通期の営業利益は黒字!とりあえず良かった!

ではなぜPTSが暴落しているのかというと・・・、やはり

売上高13,572百万円

のところかな?

売上高180億円を目指してましたもんね。ちなみに第3四半期の決算発表(2017年7月)のときの過去記事はこちら。

メタップスの売上高が100億を突破した!黒字化!日本経済の救世主となるか!?

ではなぜ今回届かなかったのか?

「損益及び包括利益に対する調整に関する注記
(1)売上高及び売上原価に対する調整
ファイナンス関連サービスについて日本基準では加盟店に対する資金の決済が完了した時点で収益を認識しておりましたが、IFRSでは消費者が加盟店との間で当社グループが提供する決済手段を利用した取引を行った時点で決済代行手数料収益を認識しております。」

ふーん。IFRS(国際財務報告基準)にしたことで売上高の認識のしかたが変わったんですかね。IFRSについては、
「(国際財務報告基準(IFRS)の適用)
当社グループは、平成29年8月期第1四半期連結累計期間より国際財務報告基準(以下、「IFRS」という。)を適用しております。また、前連結会計年度の連結財務数値についても、IFRSに準拠して表示しております。」
と書いてあります。

その後に出た、
2017 年8月期四半期連結財務諸表に関する誤謬の判明及び 2017 年8月期通期業績予想値と実績値との差異に関するお知らせ
に詳しく書いてありますね。

「この度、当社が公表した 2017 年8月期四半期連結財務諸表について誤謬があることが判明いたしました。また、本日、誤謬の訂正を反映させた「平成 29 年8月期決算短信」を公表いたしました。現在、該当する四半期報告書及び四半期決算短信の訂正作業をすすめており、詳細につきまして下記の通りお知らせいたします。
株主、投資家の皆さまをはじめとする関係者の皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
また、当社は、2016 年 10 月 17 日に公表いたしました 2017 年8月期通期業績予想値と、本日公表した実績値に差異が生じましたので、併せてお知らせいたします。

1.2017 年8月期四半期連結財務諸表の訂正について
① Smartcon Co. Ltd.の会計処理について
2017 年8月期通期の決算作業の過程において、当社連結子会社であり、2017 年8月期第1四半期に株式取得した Smartcon Co. Ltd.(以下「Smartcon 社」)の財務数値を IFRS において再度精査した結果、これまで会計上認識していた数値と新たに算出された数値に差異が生じていたことから、Smartcon 社の過去5年分の財務数値について調査・分析を行いました。
調査・分析の結果、Smartcon 社が展開する電子クーポン事業の売上の計上方法について、一部 IFRS の基準にそぐわない処理があったことが判明いたしました。電子クーポン事業においては、販売時、使用時、使用期限及び消滅時効(5年)というタイミングがあり、その中で、一部取引の売上高について、本来収益認識すべきクーポン使用時ではなく販売時に行われていたため、当該取引について、収益認識をクーポン使用時に変更し、売上から前受金に振り替えました。また、原価が発生しないクーポン失効益の認識時期をクーポンの使用期限から債権の消滅時効が経過するまで繰り延べることとし、この結果、同社の期首時点の利益剰余金が約
315 百万円減少、四半期連結財務諸表におけるのれんが約 161 百万円増加する見通しです。なお、各四半期の売上及び営業利益の訂正金額は現在監査法人による四半期レビュー中です。

② Metaps Plus Inc.株式売却時の会計処理について
また、2016 年 12 月 26 日公表の「連結子会社株式の一部譲渡に伴う譲渡益(特別利益)計上に関するお知らせ」の通り、当社は子会社である Metaps Plus Inc.の一部株式を海外投資ファンドに売却いたしました。
その際の契約に付与された買戻条項を、IFRS において負債計上すべきところ、当該処理が見落とされていたことが判明いたしました。この結果、資本剰余金から負債へ約 557 百万円の振替となる見通しです。
上記二点を踏まえ、監査法人とも協議の上、過去に提出した以下の四半期報告書及び四半期決算短信を訂正することといたしました。なお、訂正四半期報告書の提出及び四半期決算短信の訂正は 2017 年 10 月中を予定しております。」

ふーん。そうなんだ。クーポンの売上高をいつ認識するか、という話なんですね。
売上高自体に問題があるわけではないようです。
メタップスプラスについては、あ、一部の株式売却してたんですね、知らなかった。

正直な感想としては、こんなにギリギリじゃなくてもうちょっと前にわからなかったのかな、とも思いますが、まあ決算のときにちゃんと出してきただけでも良かったんですかね。

月曜日は大幅安か!?でもおもしろ会社だから持っておこう。

来週は荒れるでしょうね・・。ストップ安までもしかしたら売られるかもしれませんが、私はまだ期待して持っていることにします。

今後に期待したいんですよね。こんなに面白い会社ってあんまりないからです。

決算説明資料をもっと読んだらまた感想を書こうと思います。