メタップスが2018年8月期第1四半期決算を発表!

メタップスが1月15日に第1四半期の決算を発表しました。15日、とは言ってもまた夜遅くだったようで・・・。

私も一応待っていたのですが、気付いたらスマホを握りしめて眠っていました。

でも一応ちゃんと出たので良かった。

さて、中身を見てみましょう。気になる人はメタップス社のIRを見てくださいね。

http://www.metaps.com/ir/report

売上高は前年同期比で+112%の61億円!

まずはこれですね。いやー、良かった。

順調に売上高を伸ばしているメタップス。ちなみに第1四半期の売上高だけ並べてみると、

2015年 6億円

2016年 13億円

2017年 29億円

2018年 61億円

うん、すごいよね。この成長率。毎年売上高が2倍になっている・・・。

これだけの成長率を維持するのは並大抵の努力ではないと思います。

私が使っているSBI証券のクォンツリサーチ社の分析でも成長性は最高ランクの「10」です。

ちなみに、売上高がここまで伸びた要因として

①仮想通貨関連の決済代行サービスの取扱高が急拡大

②Smartcon社による大型案件の獲得

があるそう。

仮想通貨業界はテレビCMもどんどんやって盛り上がってますからね・・・。

仮想通貨業界が盛り上がるとなぜメタップスの売上が伸びるのかについては、過去記事をご覧ください。

CMで盛り上がる仮想通貨業界。ペイデザイン改めメタップスペイメントの売上の伸びに期待!

ビットコインはじめ、他の仮想通貨も今は暴落しているけど、多分数か月すれば元の値段まで上がっていくと私は見ています。

一方、営業利益、四半期利益は減益。

これはちょっと残念といえば残念だけど、そんなに心配しなくてもいいのでは、と個人的に思っています。

前年同期比で営業利益がマイナス2.8億円、四半期利益がマイナス2.9億円。

理由としては、

① ICOに関する費用 (約1億円)のみを当四半期に計上し、収益を繰延 

②前四半期の一時的な収益押し上げ要因(約2.8億円) の剥離

だそう。「収益を繰延」なのだから、来期以降に期待しましょう。

仮想通貨関連の会計処理について。メタップスはプラスコインとイーサリアムを持っているんだよ。

メタップスは韓国の子会社で「プラスコイン」という仮想通貨を発行するというICOを昨年やりました。

その仮想通貨(プラスコイン)や調達した仮想通貨(イーサリアム)の評価というのは収益として今は記載できないみたいです。

決算説明資料をそのまんま引用すると、

期末における保有する仮想通貨の評価に関する会計処理について

当社は、イーサリアム(ETH)をはじめとする様々な仮想通貨を保有していますが、四半期末時点での公正価値評価は行わず、取得原価をもって無形資産としてバランスシートに簿価計上しています。今後、売却のタイミングで簿価との差額を損益計上する予定です。

ICO(Initial Coin Offering) に関する 会計処理について

当社子会社で実施したICOでは、プラスコイン(PLC)トークン を発行いたしました。株式発行とは違い、トークンの販売として取り扱われるため、最終的には収益として認識されます。ただし 、当四半期ではIFRS15の考え方を準用し、ICOの目的を実現するまでは一時的に負債計上し、今後その目的が実現されるタイミングで収益計上する予定です。

ICOで発行した トークンの 自社保有分の 取り扱いについて

ICOで発行したPLCの一部は、自社保有分として割り当てております。保有するPLCに関しては、無形資産として取扱い、簿価をゼロとして認識しています。なお、PLCについては当社子会社が運営する仮想通貨取引所(CoinRoom)に上場しており、既に売買が行われています。

とのことです。

メタップスの持っているイーサリアムについて

仮想通貨のイーサリアムはICOで調達した当時は1ETH=約35000円でしたが、今は116000円ぐらい。この間まで17万円ぐらいだったのですが、ここのところの仮想通貨全体の大暴落で一度は10万円ぐらいまで落ちたのです。でもそのうちまた上がってくると思います。

このイーサリアムをメタップスは30000集めたわけです。

メタップスのICOについては過去記事をどうぞ。

メタップスプラスのICO成功!韓国にICO規制のニュースが来るが逆に追い風に!?

3万×3万5000円=約10億円

分の仮想通貨を集めたわけですね。

そして今やイーサリアムは11万を超えています。3倍以上になっているわけです。つまり30億円ぐらいの価値がある仮想通貨を持っているのです

(売却してなければ。先日の株主総会の感じだと売却してないと思う。メタップスの株主総会については過去記事

メタップスの株主総会に出席してきました!佐藤社長のお話と質疑応答の内容はこんな感じ。

をご覧ください。)。

イーサリアムは今後も伸びると思います。ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアム。そして今後は実際に使われるようになると思われます。

今は「四半期末時点での公正価値評価は行わず、取得原価をもって無形資産としてバランスシートに簿価計上

されている「だけ」のイーサリアムが今後さらに値上がりすれば、

メタップスが持っている実質上の資産(日本円換算で)は膨らんでいくはず。

売らない限り計上がされないから、メタップスの株価にはすぐには反映されないかもしれないけれど

たぶんこの伸びしろは大きい(と個人的に思っています。)。

私も先日の大暴落のときに、お小遣いの範囲で買える分のイーサリアムを買いました。

イーサリアムには期待しています!そのうちイーサリアムの記事も書きたいです。

そんなわけでますます期待のメタップス。株価は上がらなくても実際の企業価値はますます上がっていると思う。

メタップスの佐藤社長の書いた「お金2.0」の電車内の広告をよく見かけるようになりました。

メタップスの佐藤社長が書いた本に注目!

フィンテック銘柄に投資している人や仮想通貨に興味ある人、これからの経済、そして自分の暮らしが気になる人はぜひ読んでおいた方がいいと思います。

この本についての過去記事はこちら。

ビットコインに興味ある人は特に読むべき書!「お金2.0」を読んでみた

この本(電子書籍)の広告を載せておきます。

 

紙の本もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/12/8時点)